人気ブログランキング |

<   2018年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

9月の映画覚書

c0313998_22025104.jpg

「プーと大人になった僕」

2018

原作 AA・ミルン

監督 マーク・フォースター

出演 ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル、ブロンテ・カーマイケル、マーティス・ゲイティス

100エーカーの森で仲間たちと楽しく過ごしていたクリストファーロビン。

少年時代が過ぎ森の仲間たちとお別れし、大人になって再会

クリストファーロビンが忘れてしまっていた大切なものを思い出す物語


プー、ティガー、イーヨ、オウル、ピグレット、カンガ、ルー、ズオウとヒイタチ、懐かしい皆が総出演でした。

一緒に絵本アニメを観て過ごした長女が独立して4ヵ月、親離れする事は大切なのですが、子離れできない私は寂しー。

そんなこんなで心を揺さぶられ終始うるうるしながら次女と鑑賞しました。

いいなぁ100エーカーの森。


「バスケットボール・ダイアリーズ」

1996

監督 スコット・カルバート

出演 レオナルド・ディカプリオ、マーク・ウォールバーグ、ロレイン・ブラッコ、ジュリエット・ルイス

原作 ジム・キャロル自伝小説「マンハッタン少年日記」


天才詩人といわれるジム・キャロルの自伝小説を映画化。

IMCInstagram movie club)お薦め旧作シリーズ。

バスケットボールでNBAも夢ではないほどの実力がありながら、仲間たちとともに薬物に依存してゆく高校生ジム役を若き日のレオ様が演じています。


華々しい演出ではなく、心配した通りにじわじわと薬物依存 犯罪に手を染め、高校の問題児から犯罪者へと姿が変わっていく様子は、どうしても母親目線で見てしまい、すがってきた息子がさらなる犯罪に加担することなくその命を守るために母親が通報するという気持ちが痛々しくせつないのです。


「イーグル・アイ」

2008

監督 DJカルーソ

出演 シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリス

製作総指揮 スティーブン・スピルバーグ、エドワード・L・マクドネル

コピーショップで働く青年と法律事務所に勤めるレイチェル、面識もなく繋がりもない平凡な市民の2人が、ある日突然謎の女性からの1本の電話で身に覚えのない事件に巻き込まれて行く。


序盤からあっという間に巻き込まれてFBIに追われ軍に追われ、逃げて逃げてうわーっ!とスピーディに展開しますから、なんでどうして理不尽極まりないと憤っていても目が離せません。

中盤からこれはニオウ、きっとそういうことかと

ラブーフ君走りに走っていました。

アクションもまだまだいけますね。

IMCお薦め旧作映画より。



「もしも昨日が選べたら」

2006

監督 フランク・コラチ

出演 アダム・サンドラー、ケイト・ベッキンセール、クリストファー・ウォーケン

早送りしたり、巻き戻したり、人生をコントロールできるリモコンを手にした主人公は出世のために家族との時間を早送りして


IMCお薦めの旧作シリーズ

コメディですが、泣けました。

人生において無駄な時間などないのでしょうね。

主人公の奥さん役のケイト・ベッキンセールは30代〜50代?を演じているのですが、なんとも美しく可愛らしく優しく、こんな奥さんがいたら、そりゃ家庭でしょう?ね、男性の皆さん。



by okazu1234 | 2018-09-30 20:00 | 映画 | Comments(0)