<   2018年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

7月の映画覚書

c0313998_15325636.jpeg

「ウインド・リバー」
監督 脚本 テイラー・シェリダン
出演 ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン、ジョン・バーンサル、ジル・バーミンガム

ワイオミング州、ウインド・リバーにあるネイティブアメリカン居留地での事件。
FWS(野生生物局)職員のコリー/ジェレミー・レナーがFBIの若き職員/エリザベス・オルセンに依頼されともに捜査にあたる。

そもそも、ネイティブアメリカン居留地とはなんぞやと検索していたところ、それはもう長く厳しい歴史的事実がわんさと出てきて思考不明瞭。
そういう背景がわからないままの劇場鑑賞でしたが、
雪深い辺境の地の慣れない環境で苦戦しながらも強い意志を持って捜査を進めるFBI役エリザベス・オルセン、ハンターとして卓越した技術を持ったコリー役のジェレミー・レナー、脇を固める俳優陣、
なによりも迫力なのはどうにも太刀打ちできない厳しい自然、とても見応えのある作品でした。


「ジュラシックワールド 炎の王国」
監督 ファン・アントニオ・バヨナ
製作総指揮 スティーブン・スピルバーグ
出演 クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム

ジュラシックワールドの続編、クリス・プラット、ブライス・ダラスハワードなど続投。

前作ジュラシックワールドのある島の火山活動が活発化し、恐竜たちの危機を自然に委ねるか、人間が介入し救い出すか…

クリス・プラット大活躍です。
山に海に、流れ出す溶岩から走って逃げます(ここは苦笑)
ブルーとのやりとりなどちょっと胸が苦しくなります。
科学を進歩させた創造主たる人間の手に負えなくなった時…と、シリーズ当初からのテーマにこの先どう対応するのかとても楽しみです。
恐竜大好きな私は富士山から帰ってきた翌日、筋肉痛の身体にムチ打って駆け足で観に行ってきました。



[PR]
by okazu1234 | 2018-08-14 15:59 | 映画 | Comments(0)