<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2月の映画覚書

2月の映画覚書

「スリー・ビルボード」
監督 脚本 製作 マーティン・マグドナー
出演 フランシス・マクドーマンド、ウッディ・ハレルソン、サム・ロックウェル

娘を殺された母親が、犯人を逮捕できない警察に抗議のために巨大な看板を設置する。
警察との軋轢、孤独に奮闘する母親役をフランシス・マクドーマンド、警察署長役ウッディ・ハレルソン、差別主義者の警官役サム・ロックウェル。

髪を束ねバンダナを巻いた姿と言動に「絶対諦めない」強い意識を感じ、一線を越えてしまいそうな危うさもあり、終着点はどこにあるのかとハラハラした。
警察署長の誠意に救いを感じていたのに解決策は見いだせず…
差別主義者の警察官は箸にも棒にもかからないような嫌なタイプ。
おさめどころが見出せないと悲観的に観ていたら、少し光が見えてきてほっとなごんで終了。良き作品でした。
フランシス・マクドーマンド主演女優賞
サム・ロックウェル助演男優賞
c0313998_17113230.jpg

「THE BEGUILED /欲望のめざめ」
監督 脚本 製作 ソフィア・コッポラ
出演 ニコール・キッドマン、コリン・ファレル、キルステン・ダンスト、エル・ファニング
原作「The Beguiled」トーマス・カリナン

南北戦争期のアメリカ南部、女子寄宿学園で暮らす7人の女性たちのところに、負傷した北軍兵士が現れ、その兵士を介護するうちに女性たちは彼に惹かれ、彼女たちの間に嫉妬や独占欲が芽生える。

閉鎖的空間に加え戦時下という鬱屈とした日常の中に、男性、それも紳士的でハンサムしかし敵軍という兵士が現れた非日常、彼女たちは様々な感情に心は揺れる…
そんな様子が、美しい森美しい衣装 美しい映像で描かれていた。
(淡い色合いの質素なドレスなのだけれど、戦時下にあの美しいドレープ、床につきそうな長さの布の量は贅沢だなぁと下世話な事を考えてしまった、それほど美しい衣装だった)
エル・ファニングが素晴らしく綺麗で、そりゃ誘惑されたらその気になるでしょう。
c0313998_17113364.jpg
1971年のイーストウッド主演「THE BEGUILED/白い肌の異常な夜」
c0313998_17113435.jpg
ストーリーは同じ流れで男性目線で描かれている。
邦題はもう少しなんとかならなかったのかな思いつつも、そりゃ彼にとっては異常な夜であったであろう。
ポスターに写っているおさげの少女までが女性として描かれていて、それが怖ろしかった。



「グレイティスト・ショーマン」
監督 マイケル・グレイシー
出演 ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤ

19世紀米国、実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル
山あり谷ありのバーナムの人生は物語としてはシンプルなサクセスストーリー。
それを、これぞエンターテイメントとして幸せな気持ちで観せてもらった。
歌って踊れるヒュー様素晴らしさは当然ながら、ザック・エフロンとの二人のシーンはサプライズでプレゼントをもらったような楽しさでありました。



[PR]
by okazu1234 | 2018-02-28 18:00 | 映画 | Comments(0)

石巻山〜大知波峠廃寺跡

富士山へ続く道 練習その3
2月のある日、前回から2週間後。
東三河地方、石巻山〜大知波峠廃寺跡

石巻神社から出発、石巻山往復した後大知波峠廃寺跡まで行ってきました。
当初の予定では多米峠まで行こうと考えていたのですが、途中遠回りをしてしまい1時間半程歩いたところで「多米峠まで60分」という案内板を見て心が折れ予定変更、廃寺跡まで行き引き返してきました。
友人と私は低山で4時間歩くと心と脚が売り切れるということですね、とほほ。

c0313998_00460350.jpg
石巻神社の手水舎
c0313998_00461002.jpg
石巻神社参拝
c0313998_00462644.jpg
神様の使いの蛇が住んでいたと伝わる蛇穴
c0313998_00463504.jpg
奥行きが13mあるそうです
c0313998_00482048.jpg
巨木に出会うと幸せな気持ちになります
c0313998_00482961.jpg
山頂手前の岩場
c0313998_00483507.jpg
20分ほどで山頂まで登ることができます
c0313998_00484487.jpg
石巻山を降り神社の前から自然歩道の突き当たりまで平坦な道をテクテク
c0313998_00485363.jpg
稜線へと上がる坂道がつらかったー
c0313998_00514854.jpg
この案内板を見てまだ60分もあるのね…と、意気消沈
c0313998_00515619.jpg
案内板を見た後、廃寺跡までと決めた後数分で到着し拍子抜け
c0313998_00520491.jpg
広々と拓けた所です
お寺の跡地、名前や宗派などわかっていないそうです
c0313998_00521336.jpg
復路は平坦な道を選びました
石巻山往復50分+廃寺跡まで往路90分+復路50分+細々と休憩50分

c0313998_00521891.jpg
そして、帰り道のお楽しみ。

「豊橋カレーうどん」というそうです。
食用のお花のサラダの下にカレーうどん、その下に長芋と白飯が層になっていて、
「混ぜないで上から順番に召し上がってください」と食べ方の説明がありました。
通りがかりに見つけたおうどん屋さんで見つけてちょっとびっくり、おいしかったです。


歩いた距離 10k
高低差 約300m
時間 4時間 休憩含む

[PR]
by okazu1234 | 2018-02-24 20:00 | 生涯スポーツ | Comments(0)

宮路山〜五井山

富士山へ続く道 練習その2
1月のある日、その1から2週間後。
前回ハイキング翌日は腿裏 臀部筋肉痛…。
足りないところに顕著にあらわれました。

今回も日帰りできる往復4時間程度、東三河の宮路山と五井山コース
持ち物はほぼ同じ、荷物を少し重くするために保温水筒をリュックに入れていきました。

c0313998_17360055.jpeg
森の中を歩くのは気分が良くて楽しくなります
c0313998_17362231.jpeg
沢の水が所々凍っていました。
今思えば、宮路山への登り、沢の横の岩がゴロゴロしているこの地点が一番歩き辛かった気がします。
c0313998_17364789.jpeg
宮路山山頂、高さ300mくらい。
スタートから45分程で到着。
ベンチありトイレなし、10名ほどの方が休憩していました。
c0313998_17370801.jpeg
宮路山から五井山への道
前日の雪が残っていました、滑らないよう気をつけつつ歩きます。
c0313998_17373177.jpeg
五井山山頂
小さなコンロでお茶している方々を羨ましく眺めながら暖かいお茶と冷たいおにぎりで休憩。
宮路山から五井山まで1時間強、長く感じました。
c0313998_17375439.jpeg
五井山から宮路山まで、登ったり下ったり木の根道や階段、様々な道程で楽しかった〜。
c0313998_17381620.jpeg
こういう登りが長く続くと腿がパンパン。
c0313998_17384044.jpeg
無事終了
登り口にフェンスがあり、開けて出入りします。
猪の侵入を避けるためと貼り紙がありました。
沢登りと雪の残っている所は慎重に進みましたが、その他の道は歩きやすく良いコース
前回より少しだけ歩く時間も長くできて順調々。
途中年配の方グループとよく会いました、皆さんお元気ですね。
翌日は前回と同じく腿裏と大臀筋群筋肉痛…笑。

歩いた距離 13k
高低差 500m
休憩含 4時間半




[PR]
by okazu1234 | 2018-02-23 18:12 | 生涯スポーツ | Comments(0)

普門寺〜葦毛湿原

富士山へ続く道 練習その1
1月のある日
昨年の9月を最後に走る大会不参加、年末年始の体重増加、諸々を考慮すると日帰りで行くことができて往復3〜4時間程度が無理なくできて良いと友人と相談し、
参拝したことがある普門寺スタート→葦毛湿原までの往復240分コースにしました。
駐車場、トイレもスタートとゴールにあり、自然歩道として整備もされているので迷う心配もありません。

暖かいお茶と水、雨具と防寒用の薄いダウン、トレッキングシューズを履いて、手袋、ニットキャップ、ネックウォーマー、チョコと飴と甘いパンとおにぎり2個、タオルにテッシュ、大袈裟なほどの準備とワクワクな気持ちをリックに詰めて、出発。

c0313998_17554789.jpg
普門寺にある案内板によると片道120分、葦毛湿原まで行っておにぎり食べて折り返してきます。

c0313998_17552069.jpg
普門寺の門
本堂で参拝しスタート
c0313998_17571421.jpg
概ねこのような歩きやすい道で、歩いている方も多くすれ違います。
駈けぬけるトレイルランの方もちらほらおられ、みなさんお元気です。
c0313998_15024750.jpeg
途中出会った方に教えて頂いた絶景ポイント!
急坂を上がり富士山の見える場所に行き気分上々です。
c0313998_17571938.jpg
赤いダウンとリゅっクの友人、どこにいても見つけることができていいです。

葦毛湿原での休憩を含め、往復4時間、普門寺にお参りし期間限定御朱印をいただき練習第1回無事終了。
友人と帰り道に暖かい味噌煮込みうどんをお昼ご飯に食べて帰宅
(お昼ご飯は葦毛湿原でおにぎりを食べたはず?もちろん夕食も普通に食べました、笑)

歩いた距離 11k
高低差400m
4時間

[PR]
by okazu1234 | 2018-02-22 18:46 | 生涯スポーツ | Comments(0)

いつか富士山に登りたい

c0313998_15024750.jpeg

数年前から「一度は富士山へ登ってみたい」と考えていたのですが、なかなか重い腰は上がらず、7ー8月の休日はOWSや伊良湖トラの練習しないと完走できないし…
なんやかやと理由をつけては後回しになっていました。
経験のないおばさんが一人で行くのはあまりにも無謀、かといって登山大好きな友人は冬山に登るほどのベテランで、そんな友人の足手まといになるのは申し訳ない。
そんな事を声に出してみたら同じような事を考えている友人を発見し小躍りした昨年の秋。
ツアーに参加することも視野に入れて、あまり深刻にならずに7月の富士山の山開きまでに無理なくできる練習をし行けそうだったら行くことにして、できることから始めることにしました。

まずは妄想から入ります(笑)イメージトレーニングですね。

1、いついくか。
2、ルートをどうするか
3、泊まる?日帰り?ご来光をどこで迎える?
4、持ち物の準備はいつから?
5、練習はどこで?どのくらい?
6、家族に発表、応援してもらう
(これ大事です、主婦が泊まりで出かける時には家事の段取りをしてでなければいけません、理解して気持ちよく家を出してもらうために)

1、山開きが7月初旬、閉山が9月の上旬、一度チャレンジしてダメなら再チャレンジできるように7月初旬の開山後早い時期の金曜日としました。
2、山頂の富士山頂上浅間大社奥宮で御朱印をいただきたい、奥宮一番近く天候によってお鉢巡りはできなくても参拝ができる可能性の一番高い「富士宮ルート」
3、無理をしないで体調万全で行けるように山室で1泊、夜間歩く事を避けるためご来光は山室の前で迎える。
4、現在使っているトレッキングシューズは4年目で底の山が減っているため新調する、その靴に慣れる期間が必要なため、まずは靴だけ購入。
衣類は手持ちのもので大丈夫だが、レインウェアは購入しないといけない。
可愛くておされで高性能で高価な物か、質実剛健なお手頃価格な物か思案中。
リュックの中の防水バックなどはOWS時に使っているものでOK。
ポール?ストック?も考え中。
5、日帰りができる低山を友人と月に2回と各自必要と思うトレを無理なく。
6、「母さんは、15年続けてきた年に一度のトライアスロンの出場を今年はやめます、なぜかと言いますと、それは富士山に登るから登るから(≧∇≦)」と、すぐ発表した(笑)家族の反応は…やれやれという顔をし苦笑しつつ「いつ?今月?」とトンチンカンな返事。真冬に素人は富士山には行けません、開山してからの事7月です。
まぁ概ね快く応援してもらえる土台はできました。

そして昨年末、富士山への道への第一歩として、長いこと気づかないフリをしてきた身体の硬さや歪み、リラックスできる呼吸や心の安定を少しでも改善するべく「ヨーガ」のレッスンに通い始めました。
現在まで週に1〜2で10回ほど通いましたが、これがまたムヅカシイ。
我が身の硬さに加えて、動から静、一番苦手としていた動きで気づくと呼吸が止まっています。
呼吸を味わうとか大地に根ざすとか心をひろげるとか、そういう感覚とは程遠いところでジタバタしている自分が情けなくも愛おしい(笑)
ま、何よりも大切な事は無理なく続ける事だと考えているので、スマートにとか優雅にとか外見の格好良さは一旦手離して現在のあるがままを受け入れ続けていこうと思っています。

写真の通り私の中で富士山はまだ遠く小さくしか見えていませんが、様々な事を続けていく間に近く大きな姿となって、夏訪れる頃には目前にバーンと雄大な姿を現してくれるであろう事を期待して初心表明として記して覚書とします。

[PR]
by okazu1234 | 2018-02-17 16:38 | 生涯スポーツ | Comments(0)

1月の映画覚書

2月も中旬ですが、1月の映画覚書。

「キングスマン・ゴールデンサークル」

監督 製作 マシュー・ボーン
出演 コリン・ファース、タロン・エガートン、マーク・ストロング、ジュリアン・ムーア、ハル・ベリー、エルトン・ジョン、チャニング・テイタム、ペドロ・パスカル

2015年公開の「キングスマン」の続編
イギリスのスパイ機関キングスマンの拠点が謎の組織に攻撃され壊滅。
同盟関係にあるアメリカのスパイ組織ステイツマンに協力を求め謎の組織と対峙する。

頼もしく成長したエグジー/タロン・エガートン、記憶を失いほんわかしているハリー/コリン・ファースが素敵。
マーリン/マーク・ストロングの歌うカントリーロードに泣かされ、嬉々として演じているお元気そうなエルトンジョンに会えて嬉しくなりました(笑)
惜しむらくはポピー/ジュリアン・ムーアのヴィラン、冒頭の登場シーンだけ気持ち悪く非道でしたが、前回のガゼル/ソフィア・ブテラの戦闘能力や、ヴァレンタイン/サミュエル・L・ジャクソンのインパクトを思うと少し迫力不足と感じたり…。
次作品ではチャニング・テイタムも活躍しそう。
このシリーズ大好き。

c0313998_17321980.gif
「ネイビー・シールズ」

監督 スティーブン・クォーレ、製作 原案 脚本 リュック・ベッソン
出演 サリバン・ステイプルトン、チャーリー・ビューリー、シルビア・フークス、ユエン・ブレムナー、J・K・シモンズ

1995年紛争末期のサラエボで任務についているネイビーシールズの5人が、ナチスが残した金塊を手に入れるために奮闘する。

湖底に沈んでいるナチスの重さ27tの金塊を戦争に苦しむ避難民のために、怖ろしく難しい作戦を5人だけで極秘裏に行うとういう現実離れした事をいかにして成功させるかというところワクワクドキドキなのですが、そりゃないだろうと思うところも多々あれど、そこは映画、湖底なので息苦しさを感じながらも、ラストシーンの上官J・K・シモンズ温情にうるっとさせられるという単純な私でした。

1月は2本だけの鑑賞となりました。
2月はスリー・ビルボード、グレイテスト・ショーマン、ビガイルド、ビッグ・シックと観たい作品目白押しです。

[PR]
by okazu1234 | 2018-02-15 18:31 | 映画 | Comments(0)