<   2017年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

京都 その3-2「知積院」「新吉神社」「三十三間堂」

13:15(今熊野観音寺より2k.10分で到着)
智積院
所在地 京都市東山区東大路通七条下ル東瓦町964
山号 五百佛山
宗派 真言宗智山派
創建 1598年
正式名 五百佛山 根来寺 智積院
別称 総本山智積院

c0313998_15224490.jpg

境内の皐が有名です。
よく手入れされている境内
c0313998_15220107.jpg

一番上の写真は、金堂 1975年再建 (本尊 金剛界大日如来、地下に胎蔵界大日如来)
金堂 明王殿 大師堂を拝観し、講堂 大書院 名勝庭園は時間の都合で行けませんでしたが、大書院障壁画25面、長谷川等伯・久蔵父子作の桜楓図(複製ですが)など素晴らしい障壁画があり、長谷川一門の国宝がみられる収蔵庫、名勝庭園(築山泉水庭)ともに皐月の花が咲く頃、必ず再訪しようと思っています。
御朱印は入口入ってすぐの御朱印所でいただきましたが、入って右側の茶房などがある会館にて智積院オリジナル御朱印帳(長谷川等伯 障壁画 楓図がデザインされています、現在作製中)予約してきました。


14:20
新日吉神宮
所在地 京都市東山区妙法院前側町451-1
主祭神 日吉山七神 後白河天皇
創建 1160年


c0313998_15235322.jpg
楼門

社伝によれば、後白河天皇の命により院の御所の鎮守社として現在より南に創建されたと伝えられる。
その後、社地を転々とし現在の社地となったのは豊国廟が再興された1897年。
1959年に神社名を現在の新日吉神宮と改めた。

境内社 末社
豊国神社 天満宮 秋葉神社 愛宕神社

社務所にて御朱印をいただいている時、「江戸時代には豊臣秀吉をお祀りするという事ができにくく、徳川の世が終わり明治になってから豊国神社として名のることができた。それまでは別の名前(樹下社、このもとのやしろと読みます)密やかにお祀りしていた」と神職の方が豊国神社についてお話してくださいました。
社伝 沿革 歴史はとても興味深いですね。
c0313998_15235599.jpg
拝殿
拝殿からそのまま進み、階段を上がった所の本殿の前に一対の狛猿:ご神猿
阿吽像があります。
ご神使と云われ厄除け 開運招福などに神徳が高いとのことです。
京都御所にもご神猿像があり、東北角は「猿が辻」と称され日吉の神猿像が飾られています。


15:00
三十三間堂
所在地 京都市東山区三十三間堂廻町657
宗派 天台宗
御本尊 千手観音
創建 1165年
開基 後白河天皇
正式名 妙法院の一部、建物の正式名称は蓮華王院本堂

c0313998_15235736.jpg
本堂の南側
この地にもともとあった後白河上皇の離宮、法住寺殿の広大な境内の一画に建てられたのが蓮華法院本堂(三十三間堂)
後白河上皇の頭痛、熊野参詣の伝承が不思議で面白いです(すみません)

現在のお堂は1266年完成
1930年の修理時に装飾鏡の座をはずした下から極彩色文様が現れ、建立当初の堂は彩色でおおわれていたことが判明した。
(私の中の三十三間堂イメージは現在の姿なので極彩色のお堂!想像中…)

堂内中央に鎌倉時代の仏師湛慶作の本尊千手観音坐像安置、
本尊の左右には長大な階段状の仏壇があり、左右の仏壇に各500体の千手観音立像が10段50列に並ぶ。
本尊の背後にもう一体あり、計1001対となる。
内陣の左右両端には向かって左(南端)に風神像、右(北端)に雷神像、
俵屋宗達の風神雷神図屏風のモデルになったといわれている。
千体仏の手前には二十八部衆像のうち四天王四体は本尊周囲に配置。
本堂内、御本尊千手観音立像横付近に僧侶おられ御朱印を書いてくださいました。


三十三間堂から京都駅までは1-2kほどで自転車でピューっと戻り、
16:30には駅構内でしばしゆっくり休憩し帰宅しました。
これにて今年の京都旅は終了です。
来年、暖かくなったらまた再訪することを楽しみに、この秋の紅葉は地元で楽しみます。
神社仏閣記事はちょっとお休みして、映画覚書をぼちぼち書かないと忘れてしまうー。



[PR]
by okazu1234 | 2017-10-22 23:24 | 旅は道連れ | Comments(0)

京都 その3-1「伏見稲荷」「東福寺」「泉涌寺」

京都 その3-1
今回の予定は、伏見稲荷 東福寺 泉涌寺 知積院 三十三間堂
泉涌寺塔頭 来迎院 今熊野観音

今年最後の京都旅はあいにくの雨模様
レンタサイクルは予約してあっても当日雨ならキャンセル料がかからずにやめることができます。
「当日の予約時間前の営業時間内に電話連絡を」とのことでした。
少し迷いつつも、雲の切れ間もあり、しっとり雨の京都もいいじゃないの。
ということで決行。

8:45 京都駅近くのレンタルサイクルショップ出発
9:00
伏見稲荷大社
所在地 京都市伏見区深草藪ノ内町68
主祭神 稲荷大社
御神体 稲荷山
創建 708-715年
全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社

江戸時代には商人に人気となり、結願の礼として本社に赤い鳥居を奉納する習慣が広まり千本鳥居を形成するに至る。

表参道の一番鳥居から楼門、外拝殿、内拝殿、本殿が一直線並ぶ
本殿の後ろ側に千本鳥居から続く稲荷山の神積群があり、御神体である稲荷山から連なる3つの峰の参道を歩くと七神積地に参拝ができますが、2時間程かかるとのこと。
この日は雨模様だったので、山中の参拝は次回として、千本鳥居を通り「おもかるいし」まで行きました。

c0313998_15190220.jpg
一の鳥居
鳥居をくぐり石畳の参道を少し進むと駐輪場があり無料でとめることができました。

c0313998_14344906.jpg
千本鳥居
朱の鳥居が一万本あるそうです。
あちらこちらでみなさん熱心に撮影。
c0313998_15252745.jpg
1時間ほど境内で過ごし移動する頃にはこの人出でした、人気の観光地ですね。


10:10
東福寺
所在地 京都市東山区本町十五丁目778
山号 慧日山
宗派 臨済宗東福寺派
御本尊 釈迦如来
創建 1236年
正式名 慧日山 東福禅寺
京都五山四位
c0313998_14345142.jpg
仏殿から常楽庵に至る渓谷・洗玉澗に架けられた橋廊(1380年)通天橋を眺める事ができる臥雲橋より写真を撮りました。
「そうだ京都へ行こう!」のポスターが撮影された場所です。
紅葉すると見事でしょうね、この日見た雨に洗われた緑色の紅葉もとても綺麗でした。

三門、本堂、方丈、庫裏などからなる主要伽藍の北側に洗玉澗があり、西から東へ、臥雲橋 通天橋 偃月橋とい3本の橋があり、この辺りは紅葉の名所。
c0313998_12245358.jpg
廃仏毀釈で規模が縮小されたとはいえ、塔頭も今なお25か寺と多くどこからどこまでが東福寺の境内なのかわからないほど広大です。

c0313998_14345327.jpg
方丈の枯山水庭園、八相の庭、南庭
東西南北に庭園があり、それぞれ趣の違う庭で見応えがありました。
庭園のある伽藍は有料ですが、通天橋を渡るのはまた別料金。
方丈拝観入口の受付にて御朱印をいただきました。


11:30
泉涌寺
所在地 京都市東山区泉涌寺山内町27
山号 東山、泉山
宗派 真言宗泉涌寺派
御本尊 釈迦如来 阿弥陀如来 弥勒如来
創建 856年(伝)
東山三十六峰の南端にあたる月輪山の山麓広がる寺域内には、鎌倉時代から江戸時代幕末に至る歴代天皇の陵墓があり、皇室の菩提寺として「御寺 泉涌寺」と呼ばれている。
総門から入ると参道の左右にいくつかの塔頭があり、大門をくぐると楊貴妃観音堂 仏殿 舎利殿 霊明殿 御座所 月輪陵(歴代天皇 皇室の陵墓群、宮内庁管理)

この日は「本日拝観はできません」とあり残念でしたが、改修?をされているようで仕方ありません。
御朱印はいただくことができました。

12:10
塔頭も多いのですが、境内が広大で鬱蒼とした山の中にあり道路に沿って自転車で走っていたら「来迎院」にたどり着きました。

泉涌寺塔頭 来迎院
所在地 京都市東山区泉涌寺山内町
山号 明応山
宗派 真言宗泉涌寺派
御本尊 阿弥陀如来
開創 806年(伝)空海
c0313998_14355487.jpg
森の中にあり、参拝の方もどなたもいない…ちょっと不安になりつつお詣り。
「猪に庭が荒らされています、申し訳ありません」の看板があり、足跡らしきものもあり維持管理のご苦労を思う。
c0313998_14355611.jpg
赤穂浪士の大石良雄は赤穂を退去した後、外戚にあたる当時の泉涌寺長老兼来迎院住職であった卓巖和尚頼り、来迎院の檀家となって寺請証文を受け山科に居を構え多くの時間を来迎院で過ごしたと伝えられる。
討ち入りが行われた12月14日には「大石忌」として茶会が営まれ、現在も「含翠会」の名で継続されている。
荒神は、胞衣荒神(ゆなこうじん)とも称され安産の後利益があるとされ、皇后宮安産の勅願所として信仰を集め 現在も安産を祈願する参拝客が訪れているとのことです。

一般拝観は行われておらず、重要文化財指定のある木造荒神坐像 木造護法神立像5躯などの拝観もできません。
書院とおもわれる所で御朱印をいただきました。
静かで趣のある境内はなんと言いますか、しっとりと良い雰囲気でした。


12:30
泉涌寺塔頭「観音寺」

所在地 京都市東山区泉涌寺山内町32
山号 新那智山
宗派 真言宗泉涌寺派
御本尊 十一面観音
創建 806-810年(伝)
開基 弘法大使(伝)
別称 今熊野観音寺
c0313998_14355975.jpg
森の中です、迷子になりそうでしたが、朱塗りの橋が周りの緑によく映えてたどり着くことができました。

c0313998_14360131.jpg
本堂と医聖堂
西国三十三ヶ所観音霊場の第五番札所
ぼけ封じ 近畿十楽観音霊場の第一番札所
京都泉山七福神のえびす神奉祀
洛陽三十三所観音霊場の第十九番札所
神仏霊場会の122番(京都42番)霊場

由緒沿革を読むと、弘法大使空海上人、嵯峨天皇、鳥戸野、清少納言、後白河上皇、北朝の朝廷、足利将軍家、など興味深いです。

境内は広く、お詣りの方も多くいらっしゃいました。
本堂横で御朱印をいただきました。
13:00

この後「智積院」「三十三間堂」へ向かいました。



[PR]
by okazu1234 | 2017-10-21 17:57 | 旅は道連れ | Comments(0)

京都 その2-3「建仁寺」「六道珍皇寺」「六波羅蜜寺」「恵比寿神社」

レンタサイクルで京都の町をぐるぐる!その2-3です。

12:50
祇園町の草間彌生さんの南瓜オブジェから5分ほどで建仁寺着

所在地 京都市東山区大和大路四条下る四丁目小松町584
山号 東山
宗派 臨済宗建仁寺派
御本尊 釈迦如来
創建 1202年
開基 源頼家 栄西(開山)
正式名 東山 建仁禅寺
京都五山の第三位
俵屋宗達の風神雷神図 海北友松の襖絵 古籍 漢籍などの文化財多数所有

c0313998_14251128.jpg
法堂 仏殿 2002年、創建800年を記念して天井に描かれた双竜図
小泉淳作の作品
鎌倉建長寺の雲龍図もこの方の作品
c0313998_14251346.jpg
方丈 室町時代の建物、各室には桃山時代の画壇を代表する画家の海北友松の水墨壁画などがあったが、現在は襖から掛軸に改装され、京都国立博物館に寄託されている。

拝観料受付から入ってすぐの部屋に風神雷神図のレプリカがあり、眺めているうちにあの風邪薬を思い出しました。
受付で御朱印をいただき、双竜図、風神雷神の描かれた御朱印帳を見てどちらにしようかやめようか迷いに迷ってやめるという意気地なし。
帰宅してから風神雷神を求めればよかったと反省しきりです。
c0313998_14251586.jpg
方丈前庭、枯山水庭園
c0313998_14251723.jpg
法堂の天井に描かれている双竜図




c0313998_14251990.jpg
1765年建立 仏殿と法堂を兼ねている


13:45 建仁寺塔頭 六道珍皇寺
所在地 京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町595
山号 大椿山
宗派 臨済宗建仁寺派
御本尊 薬師如来
創建 834〜848年伝
開基 山城淡海(伝)中興年 室町時代
c0313998_14264481.jpg
この寺の所在地付近は、平安京の火葬地であった鳥部野の入り口にあたり、現世と他界の堺にあたると考えられ「六道の辻」呼ばれた。
六道の辻、珍皇寺ゆかりの小野篁が冥府と往復を果たしたという伝説あり。

御住職が堂内に招き入れてくださって御朱印をいただき、展示されていた京都府指定歴史資料「珍皇寺参詣曼荼羅」見せてくださいました。感激。
c0313998_14264629.jpg
六道の辻の石碑


14:00
六波羅蜜寺
所在地 京都市東山区松原通大和大路東入二丁目
山号 補陀洛山
宗派 真言宗智山派
御本尊 十一面観音(国宝)
創建 951年 開基 空也

踊り念仏で知られる 空也が平安時代中期に造立した十一面観音を車に乗せて引きながら歩き、念仏を唱え病人に茶をふるまって多くの人を救ったといわれている。
963年、当時、葬送の場であった鴨川岸に、僧600名を集めて大規模な般若経供養会を行った。

c0313998_14264878.jpg
本堂

c0313998_14265067.jpg
朱塗りのお堂は大きくはありませんが、10名ほどの方が堂内で経を唱えておられました。
入ってすぐ左手にある寺務所にて御朱印をいただきました。



14:30
恵比寿神社
所在地 京都市東山区大和大路通四条下ル小松町125
主祭神 八代言代主神 大国主神 少彦名神
創建 1202年
栄西が建仁寺を建立するにあたり、その鎮守として創建したと伝えられている
明治の神仏分離の際、建仁寺とわけられ道路を隔てた住宅街にあり、私が訪れた日は地元の方と思われる方がお二人、本殿側面の戸をそっとコンコンと叩いてから御参りされていました。

c0313998_14265227.jpg
二の鳥居にえびす様のお顔があり、お賽銭を受ける熊手?の形のお賽銭箱に下から投げて入ると願いが叶うと伝えられています。
大祭の時はとても賑わうようで、地元の方に愛されている鎮守様とのことでした。
左手にある社務所にて御朱印をいただきました。


15:30 京都駅
一日中お天気も良く、自転車での移動もとても快適でした。
この日のコースは3段切り替えのレンタサイクルで充分走れるコースで楽しい一日を過ごすことができました。

次回は「伏見稲荷」「東福寺」です、また後日。

[PR]
by okazu1234 | 2017-10-19 21:46 | 旅は道連れ | Comments(0)

京都 その2-2「知恩院」「八坂神社」「安井金比羅宮」

そうだ京都へ行こう!その2-2です。
良いお天気で自転車日和、トレーニングの時の自転車は苦手でツライのですが、
ロードではなくシティサイクルの(ママチャリ)太いタイヤで古都を巡る事が楽しくて楽しくて。
自転車でどこまでも行っていた高校の頃を思い出しました。


11:15 知恩院着

所在地 京都市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町400
山号 華頂山 正式名華頂山 知恩教院 大谷寺
宗派 浄土宗
御本尊 法然上人像(本堂)阿弥陀如来(阿弥陀堂)
創建 1175年
開基 法然
c0313998_14112581.jpg
三門
まったく勉強不足ではじめて訪れましたのでこの時点で大きくてびっくり。
警備の方に停めて良い場所を快く教えてくださいました。
警備室?の横の小さなスペースに自転車を置き、石段を登るとその上には三門。
そりゃもう、高さ24メートルの現存する日本の寺院の三門の中で最大の二階二重門です大きいです。

御影堂は工事中の幕が張られていて中はまったくわかりませんが、その大きさには驚きです(工事中の幕の圧迫感もあるかもしれません)
間口44.8m奥行34.5m
3代将軍徳川家光によって建立されたとのこと、この時代の徳川家は力がありますね。
三門とともに国宝指定されています。
2007年から屋根の修理、2011年から改修のため法然上人像は上人御堂に安置されているそうです。平成31年まで改修工事は続くとのこと、20年間工事中とはすごい。
法要が行われていたようで、お線香の香と読経、フォーマルウエアの方々も多数いらっしゃいました。

c0313998_14112766.jpg
新門?
知恩院のお堂なのか塔頭なのかどこからどこまでが境内なのかわからず走っていたらここに出ました。勉強不足ですみません。
写っているのはこの日快適走行してくれたレンタサイクル。
御朱印は三門から先の石段を上がったところにある案内所でいただきました。


12:05 八坂神社着
所在地 京都市東山区祇園町北側625番地
主祭神 素戔嗚尊 櫛稲田姫命 八柱御子神
創建 656年
全国にある八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする関連神社の総本社
通称祇園さん。

四条河原町は自転車は走行できません、八坂神社近くの有料駐輪場、1日100円にとめました。
八坂神社付近から四条河原町を眺めると人の波が見えました、一番賑やかな場所ですね。
今回は人混みにはなるべく行かない予定なので、お土産屋さんも覗かず参拝だけです。
c0313998_14112848.jpg
境内内の摂社の横に食べ物屋の屋台?が並んでいたり、とても賑やか。
c0313998_14113010.jpg
本殿と拝殿をひとつの入母屋屋根で覆った独自の建築様式「祇園造」と言われる。
裏側は円山公園となり、桜の時期に桜が満開?見事でしょうね。
社務所にて御朱印をいただきました。



12:30 安井金比羅宮
所在地 京都市東山区東大路松原上る下弁天町70
主祭神 崇徳天皇 大物主神 源頼政
創建 1695年
別名 光明院観勝寺
c0313998_14113284.jpg
鳥居に掲げてあるように縁切り縁結びの祈願所で有名。
縁切り縁結びの碑に願い事を書いたお札がびっしりと貼られていました。
c0313998_14123146.jpg
お札の行列には並ばず(20名ほど並んでいました)
拝殿にてお参りのあと、社務所で御朱印をいただきました。



12:45
建仁寺に向かう途中、祇園の町並みを眺めつつ散策していると、
草間彌生さんのかぼちゃ発見。
祇園甲部歌舞練場内にて「フォーエバー現代美術館コレクション」が開催されていました。
c0313998_14123372.jpg
大正2年に建てられた有形文化財の八坂倶楽部を現代美術館として運営されているとのことで、草間彌生さんの作品の多くを収蔵、常設展示!
知らずに取り掛かり外の南瓜に引き寄せられました。



京都 その2-3 「建仁寺」「六道珍皇寺」「六波羅蜜寺」「恵比寿神社」へ続きます。


[PR]
by okazu1234 | 2017-10-18 18:00 | 旅は道連れ | Comments(0)