<   2017年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「グレート・ウォール」「美女と野獣」

c0313998_20144020.jpg
グレート・ウォール
監督 チャン・イーモウ
出演 マット・デイモン、ペドロ・パスカル、ジン・ティエン、アンディ・ラウ、ウィレム・デフォー

なぜあのような長大な万里の長城が築かなければならなかったのか、60年に一度現れる敵を前に団結して闘う仲間たちと、金と名声のために武器を求めて旅をする傭兵は命をかけて闘うことができるのか。

いやーお金かかっていますねーという第一声。
凄いセット、VFX?、人海戦術
中国の歴史に疎いので、歴史のお勉強と思って予備知識なしで行ったらアドベンチャーでファンタジーで、でも画像は迫力があって饕餮が出てきた時には笑えた!
(とうてつと入力すると饕餮と出る、トウテツって中国神話の怪物なのですねぇ)
これはこういうものだと思えば楽しめると思った次第です。


美女と野獣
監督 ビル・コンドン
出演 エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ユアン・マクレガー、イアン・マッケラン、ジョシュ・ギャッド、ケヴィン・クライン、ググ・バサ=ロー、エマ・トンプソン

原作の美女と野獣よりディズニーアニメの作品にそってのストーリー
ヴァンサン・カッセルのフランス版と序盤少し異なる。
娘たちとなんども観たアニメ作品なので馴染み深く、黄色のドレスにベルの凛としたところとか意志の強い女性イメージがよく出ていたと感じた。
なにより、ルーク・エヴァンスのガストンは最高に上手いし、ルミエール、コグスワース、ポット夫人、良い役者さんが勢揃いで楽しめた。
野獣のダン・スティーヴンスは「ザ・ゲスト」の彼とは気づかずに観ていた(笑)





[PR]
by okazu1234 | 2017-04-30 20:00 | 映画 | Comments(0)

「ムーンライト」「ゴースト・イン・ザ・シェル」

ムーンライト
監督 脚本 バリー・ジェンキンス
出演 トレパンテ・ローズ、アッシュトン・サンダース、アレックス・ヒバート

89回アカデミー賞、作品賞、脚色賞、助演男優賞受賞、ヒューマンドラマ
マイアミの貧困地域で暮らすシャロンの、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描かれている。

母親からの育児放棄、いじめ、友人への友情以上の気持ち、麻薬ディーラーとの関係などなど、辛く不安を掻き立てられるシーンが多い。
自分の居場所と心の拠り所を模索しながら成長することを想像すると苦しくて、共感する事はできず、なんとか彼にとっての希望の光をみたいと思ってしまう。


c0313998_20140581.jpg

ゴースト・イン・ザ・シェル
監督 ルパート・サンダース
原作 士郎正宗 脚本 ウィリアム・ウィーラー
出演 スカーレット・ヨハンソン、ピルー・アスベック、マイケル・ピット、北野武、桃井かおり

士郎正宗のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメ「攻殻機動隊」の実写版
脳とわずかな記憶を残して機械化された公安の捜査官が、世界を揺るがすサイバーテロ事件を発端に記憶が呼び覚まされ、そこには驚くべき過去が隠されていた。

原作は未読、アニメ作品も見ていないので比較はできないが、そうそうたる演者でハリウッドで実写化されてるのだから、日本が世界に誇る作品なのだろうな…と原作に興味津々。いつか読もう!
ビートたけし名で我らが北野武さん、味のある演技で良い雰囲気の桃井かおりさん。





[PR]
by okazu1234 | 2017-04-29 20:00 | 映画 | Comments(0)

「アサシン クリード」「トリプルX:再起動」

「トリプルX再起動」

監督、DJカルーソ
出演、ヴィン・ディーゼル、ドニー・イェン、ディーピカー・パードゥコーン、サミュエル・L・ジャクソン

トリプルXシリーズ12年ぶり第3作
世界壊滅の陰謀を阻止すべく、型破りで伝説的なシークレットエージェント"ザンダー・ケイジが国家安全保障局に召集され最強の敵と闘う。

ヴィン・ディーゼルはワイルドスピードとトリプルX…混乱。
ドニー・イェンのアクションはさすがだけれど、ローグワンの盲目のファイターの方が研ぎ澄まされて神がかっていると思った。
全編これアクションなので"考えるな感じろ"というコピーのまま素直に鑑賞。
c0313998_21413121.jpg

「アサシン クリード」

監督、ジャスティン・カーゼル
出演、マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズ、ブレンダン・グリーソン、マイケル・ケネス・ウィリアムズ

同名のゲームシリーズを実写化。
あらすじを読むとアサシンとして活躍した先祖の記憶を呼び覚まされた死刑囚が多くの謎に挑む、ルネサンス期のスペインでテンプル騎士団と闘うとあり、ルネサンス期のスペイン、テンプル騎士団、アサシン、禁断の果実とは?マイケル・ファスベンダーのイーグルジャンプ!
ゲームの知識もなく題名しか耳にしたことがないのにそんな語句に惹かれて楽しみにしていた。
時間のやりくりをし映画館に駆け込んだのに、130分ほどの上映時間の間の115分は寝てしまった…という痛恨の映画鑑賞記録。
昼食後の午後一番の時間と前日の夜更かしと、午前中のハードワークとあれこれ言い訳。けっして作品の優劣ではありません。
うとうとして目覚めるといつも暗い画面でマイケル・ファスベンダーが闘っているのを眺めてはまた睡魔に勝てず眠ってしまうことの繰り返しで、大反省。
映画の神様すみませんでした。反省記録としてここに残します。
c0313998_21411143.jpg


[PR]
by okazu1234 | 2017-04-10 18:00 | 映画 | Comments(0)

「T2 トレインスポッティング」

「T2 トレインスポッティング」

監督、製作、ダニー・ボイル
出演、ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライル、ケリー・マクドナルド、アンジェラ・ネディヤルコーバ、アービン・ウェルシュ

1996年製作のイギリス映画「トレインスポッティング」の20年ぶりの続編。
まずは新作が観られるという事だけで泣きそうに嬉しい。その上、前作のキャスト・スタッフが20年過ぎて揃って再結集という事で5割増しなので贔屓の引き倒しの感想しか出て来ないというものです。
前作のマーク・レントンが疾走するあのシーン、あの楽曲、そして車のボンネットに手を置いてニヤッと笑うあの顔。
マーク・レントン、シック・ボーイ、スパッド、ベグビー、みんな生きててくれて良かった。
そしていつも思うのは、前作トレインスポッティングを思春期に観ることができていたらどう感じていただろうってこと。
私はもうすっかり大人になってしまってからの鑑賞だったから。

c0313998_14115793.jpg
ファントムメナスが1999年、私は先にオビワン先生のユアン・マクレガーに出会ったので、後から知ったマーク・レントンに驚き感心した事が懐かしい思い出。

[PR]
by okazu1234 | 2017-04-08 16:42 | 映画 | Comments(2)

「パッセンジャー」「キングコング・髑髏島の巨神」

「キングコング・髑髏島の巨神」

監督、ジョーダン・ボート=ロバーツ
原案、脚本、ダン・ギルロイ
出演、トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリー

1933年に製作された特撮映画の古典キングコングの起源を描くアドベンチャーアクション。
コングの故郷髑髏島での人間と他のモンスターとの攻防。
神話の世界ではなく実在する事を調査するための生物学者たちの調査遠征隊と、ベトナム戦争終結後そのまま髑髏島に派遣された米軍の部隊ではそれはもう天と地ほどの意識の差があるというもの。
島での戦闘序盤でコングに遭遇したヘリの部隊がジャングルをバックに低空飛行している場面などはベトナム戦(プラトーン、地獄の黙示録とか)の様相、その後のサミュエル司令官の常軌を逸した固執ぶりにさもありなんと納得しかけたが、私の気持ち的には島の王者(島の神様)コングが攻撃されて傷つくと痛そうでかわいそうで見ていられなくなる、巨大な水牛もそうだったが毛が生えていると可愛く見えてしまうのか?いや、毛の生えた巨大な蜘蛛や蜂は嫌なのだけれど。
そして、王子様やゴシックな衣装イメージのロキ様トム・ヒドルストンのラフなスタイルが珍しくまじまじと眺める。
着痩せするのか身体つくり頑張ったのか上腕も腹筋背筋もムキムキでした。
コングの他のモンスターは怖ろしく気持ちの悪い良い出来(ほめてます)
エンドロールの後の映像のシルエットに興奮したー。

c0313998_14055559.jpg
映画館でポストカードもらったー

「パッセンジャー」

監督、モルテン・ティルドゥム
出演、ジェニファー・ローレンス、クリス・プラント、マイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシア

冬眠装置で120年の旅をする乗客5000人を乗せた宇宙船中で、1人先に装置の不具合で目覚めさせられてしまったエンジニアのジムと、その後目覚めた作家のオーロラの物語。
90年を1人ぼっちで宇宙船で過ごす孤独感と惑星での新たな人生を絶たれてしまった絶望感には胸が痛くなるし、SFは大好きだけれど宇宙空間での(ゼロ・グラビティしかり)閉塞感はどうにも息苦しい。
そんなシーンと裏腹に豪華宇宙船内部の映像、何よりも渇望する植物や水、生物、大地への憧れを満たしてくれる映像は美しい。
そううまくはいかんよとうがった見方をしてしまうも、だから映画って素晴らしい!ということで。

c0313998_14095053.jpg

[PR]
by okazu1234 | 2017-04-08 16:12 | 映画 | Comments(2)