人気ブログランキング |

<   2017年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「ウォーリアー」

「ウォーリアー」

監督、原案、脚本、ギャビン・オコナー
出演、ジョエル・エドガートン、トム・ハーディ、ニック・ノルティ、ジェニファー・モリソン

アルコール依存症の父親(ニックノルティ)から逃げ出した母と次男(トムハーディ)、父親の元に残った長男(ジョエルエドガートン)3人が総合格闘技を通して家族の絆を取り戻す物語というと美しいがそう簡単な話しではなかった。

父親の元を離れた後、貧困のため母親の病気治療ができず死なせてしまった次男は軍に入隊、除隊後総合格闘技の世界的大会に出るために元ボクサーだった父親の元を訪れるが、戻ってきてくれたことに喜びを隠しきれない父親の思いとは裏腹にトレーナーとして以外は交流を拒む。
父親の元に残った長男だが、当時レスリングの選手として父親の期待を一心に受けていた次男が出て行ったことで、その目が自分に向けられるのではないかとの思いもあった。長男は家庭を持ち物理教師として順風満帆の生活に見えたが、重篤な病気の娘の治療費が家計に大きな影を落とし、自宅を手放さなければならない事態となる。
治療費捻出のため街の格闘技の大会に出ては賞金を稼ぐ生活を送っていた。そんな仕事が勤め先の学校で問題になり休職となり収入も途絶え、大きな格闘技の大会での賞金をかけ本格的なトレーニングを始め、大会の出場権を得るが実績のなさから一回戦も持たないとの評判で本戦を迎え、二人はリング上で相対する。

父親が白鯨の朗読をする場面が時折出てくるが、その意味がわからずあれこれ検索していたら、「父親にとっての白鯨は過去の自身、次男にとっての白鯨は父親、長男にとっての白鯨は次男」という解説があった。なるほどなぁと感心して納得。
次男は母親と自身の人生を狂わせた父親を許せず、一緒に家を出てくれなかった長男にもわだかまりがあり、軍に従事しイラク戦争での出来事も含めてその心が解ける事など考えられない屈折ぶりで、トム・ハーディの後半の戦いぶりは鬼気迫るものがあり苦しくなる、僧帽筋ムキムキの身体作りも凄い。
大会1日目が終わった時次男の投げかけた言葉でアルコールを絶っていた父親がアルコールに手を出し泥酔してしまう場面でのトムもとてもいい。
日本では劇場未公開、一昨年DVD化された作品、見てよかった。

c0313998_21583559.png




by okazu1234 | 2017-02-28 18:00 | 映画 | Comments(2)

「ドクター・ストレンジ」「ナイスガイズ!」

「ドクター・ストレンジ」

監督、原案、脚本、スコット・デリクソン
出演、ベネディクト・カンバーバッチ、レイチェル・マクアダムス、キウェテル・イジョフォー、ベネディクト・ウォン、マイケル・スタールバーグ、ベンジャミン・ブラット、スコット・アドキンス、マッツ・ミケルセン、ティルダ・スウィントン

1960年代から続くマーベルコミックの人気シリーズの実写化
天才的な技術を持つが傲慢な神経外科医が事故で両手の機能を失う。あらゆる手段を用いて手の治療法を探すが上手くいかず、築いてきたキャリアをも失う。
神秘的な魔術の力でどんな傷をも治せる魔術師を探し、チベットにたどり着き魔術の修行に励むが、強大な敵との戦いに巻き込まれる。

カンバーバッチ様、よくぞ引き受けてくださいました。
スター・トレックでの悪役ハリソンのアクションがとても良かったので楽しみにしていたが期待通りの面白さだった。
ヨレヨレになっても諦めず(感じ悪いけどね)魔術を習得してゆく様、特にあのマントに認められて使いこなせる(マントの意思で?)ようになってからは天才外科医は魔術の才能も開花させるのね…と、楽しく鑑賞。
マッツ・ミケルセンとティルダ・スウィントンは役柄ぴったりさすがです。
建築物が折畳まれる様はインセプションを思い出した、大規模破壊は気分がよくないけれど魔術師となるとコミック色が強くなるので魔術で直してくれると信じているので胸の痛みが少ない。
次回作は緑色の彼と宇宙のロードムービーになるとの事で楽しみ。
マーベル作品は適度に入り組んでいてワクワクさせてくれる。
あのマントとペンダントはいいなぁ。
↓これ
c0313998_19353006.jpg

「ナイスガイズ!」

監督、脚本、シェーン・ブラック
出演、ラッセル・クロウ、ライアン・ゴズリング、アンガーリー・ライス、キム・ベイシンガー

シングルファーザーで酒浸りの私立探偵マーチと豪腕な示談屋ヒーリーが思わぬ陰謀に巻き込まれるバディムービー

それぞれの仕事をこじんまりとしていた2人が大きな事件に巻き込まれるのだが、ライアン・ゴズリングといえば「オンリー・ゴッド」「ドライブ」の印象が強くて寡黙でシニカル、または斜に構えていて感情を表に出さず熱くならないイメージだったけれど、この作品のライアンはコミカルで笑わせてくれる。
プチパニックでハーハーしてバタバタしちゃう、娘に叱られる(笑)こんなライアンも大好き。
ラッセルクロウは重戦車ファイト、ドカバキッと腕っぷしで勝負する。
ノアとかレミゼラブルの眉間に皺を寄せて苦悩するラッセルクロウではない。
そんな2人とおませな娘ちゃんの3人が巻き込まれ型の事件を解決?する面白い作品。
評判が良ければ続編ができる終わり方。

c0313998_19410343.jpg
今日はアカデミー賞の発表日、ワクワクしますね、ふふふ。


by okazu1234 | 2017-02-27 20:48 | 映画 | Comments(0)

「マグニフィセント・セブン」「荒野の7人」


「荒野の7人」

監督、制作、ジョン・スタージェス
脚本、ウォルター・ニューマン
出演、ユル・ブリンナー、イーライ・ウォラック、スティーブ・マックイーン、ホルスト・ブッフホルツ、チャールズ・ブロンソン、ロバート・ボーン、ブラッド・デクスター、ジェームズ・コバーン、ウラジミール・ソコロフ
c0313998_20560606.jpg
1961年公開作品
黒沢明監督の「七人の侍」を西部劇化。

七人の侍→荒野の7人→マグニフィセント・セブンとリメイク
大昔、こどもの頃父親と一緒にほにゃらら洋画劇場で何度か鑑賞したことを懐かしく思い出す。
マグニフィセント・セブンを観る前に30年ぶり?に観てみたら面白かった〜
主役級が揃って若々しくかっこよく、ロバート・ボーンが登場した時には「ナポレオン・ソロ」も思い出して泣きそうになった。
56年も前の作品なのに56年も前の作品だからこそかな、思い入れもありセンチメンタルな気持ちになった。
七人の侍も観なおしてみようと思うが長いから時間ができた時に。



「マグニフィセント・セブン」

監督、製作総指揮、アントワン・フークア
脚本、ニック・ピゾラット
出演、デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、ビンセント・ドノフリオ、イ・ビョンホン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、マーティン・センズメアー、ピーター・サースガード、ヘイリー・ベネット

c0313998_19351384.jpg

白人・黒人・メキシカン・東洋人・ネイティブアメリカン、実に多様な人々が揃っていてメキシコの国境に壁を作ると仰っているお方はどう思う?(なにも思わんかな…)
ヘイリー・ベネットは美しく、シンプルなストーリー、あの曲は感涙。
あの人はあの人で、この人はこの人でと役柄を思い出しながらみんな生き残れるといいのになぁ、などと感傷にふける。




by okazu1234 | 2017-02-21 18:00 | 映画 | Comments(0)

「ザ・コンサルタント」「ドント・ブリーズ」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」

c0313998_19344230.png
「ザ・コンサルタント」

監督、製作総指揮、ギャビン・オコナー
脚本、ビル・ドゥビューク
出演、ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J・Kシモンズ、ジョン・バーンサルジョン・リスゴー

危険人物の裏帳簿管理、大企業からの財務調査などを引き受ける優秀(天才的)な会計士クリスチャン・ウルフ、その仕事ゆえに危険も多く…

日本語のコピーが「凄腕殺し屋の顔を持つ会計士」のような文言で、昼は会計士夜はスナイパーかと思っていたら「殺し屋」ではないじゃない。
どこかの組織属して動く暗殺者ではなく、生きてゆくために幼少の頃から鍛え上げられたサヴァンの人だった。
複雑そうでいて伏線を回収しながら進むのでわかりやすい。
ベン・アフレックの表情の少なさが役柄に合っていた、大柄でもっさりした感じが好き。
ラストシーンは思わずにこり。

「ドント・ブリーズ」

監督、制作、脚本、フェデ・アルバレス
出演、ジェーン・レビ、ディラン・ミネット、ダニエル・ゾバット、スティーブン・ラング

強盗を企てた若者3人が大金を持っていると噂される盲目の老人の家に強盗に入り、たやすく強奪できると計画していたが、盲目の老人はどんな音も聞き逃さず、老人とは思えない強靭な身体と戦闘能力の持ち主で若者たちは追い詰められ逃げ場を失う。

経済破綻し過疎化が進んだ人のいないデトロイトの住宅地、希望の持てない若者、元軍人の盲目の老人と気が滅入る要素が満載。
老人の犬が怖い、若者たちにも感情移入は難しい、ムキムキで殺人も厭わない老人の秘密が明らかになった時にはゾッとした、怖かったー。


「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」

監督、アンナ・フォスター
制作、キャラクター原案、レン・ワイズマン
脚本、コリー・グッドマン
出演、ケイト・ベッキンセール、テオ・ジェームズ、ララ・パルバー

バンパイアとライカンの生存をかけた抗争を描くシリーズ5作目

ケイト・ベッキンセールとテオ・ジェームズが出てるのね、ちょうど時間が空いたからとふらりと行って観てみたらシリーズ5作目でびつくり。
そういう状況なので事前知識なにもなく初見だったけれど、古今東西伝統的なバンパイアとライカンの抗争の物語ではあるけれど、銃撃戦してたー
衣装や美術は美しかった、シリーズもので初見でもうっすら理解はできた。
乗りかかった船なので前作も観てみようという気持ち。


by okazu1234 | 2017-02-20 20:50 | 映画 | Comments(0)

「ミザリー」「クリムゾン・ピーク」

「ミザリー」
1990年公開作品
監督、ロブ・ライナー
脚本、ウィリアム・ゴールドマン
原作、スティーブン・キング
出演、ジェームズ・カーン、キャシー・ベイツ、リチャード・ファーンズワース、フランセス・スターンヘイゲン、ローレン・バコール

c0313998_16215670.png
吹雪の中事故に遭った人気作家、 元看護師の女性に助けられ献身的に看病をされ一命を取り留めるが、その女性は狂信的な読者で自分の思うような結末の作品を書かせようと作家を軟禁しその行動はエスカレートしてゆく…

キャシー・ベイツ演じる元看護師のアニーはふっくらとして母のようでもあり、はにかんだ笑顔を見せるところは可愛い女性のようでもあるが、笑顔が消え狂気を帯びた表情になり、男性を引きずり斧を振り上げ、監禁状態から脱出しよと画策する作家を腕力でも制す…
疑惑を持ち捜査をしてくれる保安官がこの作品の良心なのにひどい(泣)
久しぶり見直したが怖かったー!



「クリムゾン・ピーク」
2016年1月公開作品
監督、脚本、制作、ギレルモ・デル・トロ
出演、ミア・ワシコウスカ、ジェシカ・チャステイン、トム・ヒドルストン、チャーリー・ハナム
c0313998_16221163.jpg
幽霊を見ることができる米国資産家の娘イーディス(ミア・ワシコウスカ)は英国貴族のトーマス(トム・ヒドルストン)と結婚し英国の屋敷でトムの姉ルシール(ジェシカ・チャスティン)と3人で暮らし始めるが、荘厳だが朽ち果てそうな屋敷での暮らしに疲弊し、時折姿をあらわす深紅の亡霊に「クリムゾンピークに気をつけろ」と警告をされ、トムを愛しているものの日々の暮らしの中でルシールの行動に不信感も芽生える…

前半の米国資産家の一人娘としての生活、華やかな社交界と、結婚してからの英国の何代も続いてはいるものの没落している貴族のお屋敷での生活の違いといいますか、歴史と経済といいますか。
美術、衣装ともに美しく特に英国のお屋敷は玄関エントランスの天井に穴が空いていてホールに降り積もる枯葉がやがて雪になり降り積もる様と深紅の粘土質の土に降る白い雪がいい。
幽霊は出てくるもののイーディスに警告してくれる存在で怖ろしくはない、ルシールの方が百万倍怖い。
ロキ様の演じるトーマスはいかにも陰のある艶っぽい役柄でよく似合っていました。

ミザリーもクリムゾンピークも一番怖いのは人間ということで。

by okazu1234 | 2017-02-05 16:58 | 映画 | Comments(0)