<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ズーランダー」「ズーランダー2」

「ズーランダー」
監督 ベン・ステイラー、原案 ベンステイラー、脚本 ドレイク・サザー、ベン・ステイラー
出演 ベン・ステイラー、オーウェン・ウィルソン、クリスティーン・テイラー、ウィル・フェレル、ミラ・ジョボビッチ、ジェリー・ステイラー、デビッド・ドゥカブニー、ジョン・ボイト、ウィノナ・ライダー、ナタリー・ポートマン、デビッド・ボウイ、その他各界著名人の皆さん。

2002年公開作品
スーパーモデルのズーランダーは最優秀男性モデル賞争いで、ライバルの新人モデルのハンセンに敗れる。再起をかけてデザイナームガトゥの専属モデルになるが、ムガトゥは…

あぁ、もう脱力、脱力しつつカメオ出演の方々を探してニコニコしてしまう作品。
なんたってボウイ様、ミラジョボビッチ、ジョンボイト、ウィノナ・ライダー、ナタリー・ポートマン、レニー・クラビッツ、ビクトリア・ベッカム、パリス・ヒルトンにデビッド・ドゥカブニー、その他大勢の皆さんがちょいちょい顔を見せてくれる。
それだけで楽しくなってしまう。
そして、米国新大統領トランプ氏もちらりと出演していてびっくり。

c0313998_20385836.png
ズーランダー2

「ズーランダー2」
監督制作脚本、ベン・ステイラー
出演、ベン・ステイラー、オーウェン・ウィルソン、ウィル・フェレル、ベネロペ・クルス

2016年公開作品、14〜5年ぶりのズーランダー続編。
世界的セレブばかりを狙った連続殺人事件の捜査官がペネロペ・クルスちゃん、捜査協力をするズーランダーとハンセンはファッション業界に舞い戻ると、かの悪人ムガトゥが…

またまた豪華共演、カンバーバッチ、ジャスティン・ビーバー、マイリー・サイラス、ケイティ・ベリー、アリアナ・グランデ、VOGUE紙の編集長アナ・ウインター、その他大勢の皆さんがバカバカしい事を大真面目に演じているところが楽しい。
様々な事柄のパロディやら風刺が面白い。
友人には「何が面白いのかわからん」と言い放たれましたけれども(笑)




[PR]
by okazu1234 | 2017-01-23 21:38 | 映画 | Comments(0)

「ブランカニエベス」「スノーホワイト 氷の王国」

c0313998_15573404.png
力持ちのカラスが、庭の木の高い所に取り残した蜜柑を上手にくわえていくので、りんごはどうかなと思い置いてみた。
さすがに重いことがわかっているのかチラリと眺めただけだった。
みかんが終わると次は金柑が色づくのを待っている。
家の近くの森の中に住まいがあるようで飛んで消えてくが、我が家が冬の間の台所なのだろうか。

りんごといえば、白雪姫、2作

「ブランカニエベス」
監督、原案、脚本、パブロ・ベルヘル
出演、マリベル・ベルドゥ、ダニエル・ヒメネス・カチョ、アンヘラ・モリーナ、マカレナ・ガルシア、ソフィア・オリア、ホセ・マリア・ポウ、インマ・クエスタ
第27回ゴヤ賞、作品賞他10部門受賞

2012年、スペイン、フランス
グリム童話の白雪姫にスペインの国技の闘牛をプラスしたモノクロでサイレント映画。
偉大なマタドールの父とフラメンコの踊り手の母との間に生まれたカルメンは母亡き後意地悪な継母に虐げられて育つが、小人闘牛士団に助けられて白雪姫の名で女闘牛士として名声を得るが…

モノクロでサイレントというのはどんなものかと思ったが、思いの外集中してみることができた、少し遅れて字幕が出る間も良かった。
意地悪な継母があまりにも非道でそれが滑稽に見えるほど。ストーリーはせつなくなる内容でラストはあれでいいのかと…そこは好みの問題か。
王子様はいづこに。


「スノーホワイト 氷の王国」
監督、セドリック・ニコラス=トロイヤン
脚本、エバン・スピリオトポウロス、クレイグ・メイジン
出演、クリス・ヘムズワース、シャーリーズ・セロン、ジェシカ・チャステイン、エミリー・ブラント、ニック・フロスト、サム・クラフリン

こちらも白雪姫、スノーホワイトの続編。
前作でスノーホワイトとハンターのエリックによって滅ぼされた凶悪妃ラヴェンナの妹で氷の女王のフレイヤの存在とエリックの生い立ち、盗まれた魔法の鏡の行方を探すエリックとその妻の戦士サラの愛と葛藤。

うーん、邦題の「スノーホワイト」は違和感あり、ハンツマンのエリックが主役なのだから、原題の「The Huntsman Winter's War」の方がずっといい。
とはいえハンマー王子が断然強くてカッコいいかといえばそうではなく、なんといっても登場場面で一番迫力があり輝いていたのは前作で滅ぼされたはずのシャーリーズ・セロン、そして恐ろしいけれど哀しげな氷の女王エミリー・ブラント。
この二人はとても綺麗、違う美しさだけれど衣装もヘアメイクもキラキラに美しい。
戦士ジェシカ・チャスティンのアクションも良かったし、ドゥワーフの女性2人も良い味で女性陣が魅力的だった。
ストーリーは「愛は勝つ」で、平凡ではあるけれど、風景と衣装と女性陣が美しいからヨシ。


[PR]
by okazu1234 | 2017-01-14 17:07 | 映画 | Comments(0)

年の初めに

c0313998_16274159.jpg
七草粥もいただき、鏡餅も開いた今頃ですが、あけましておめでとうございます。
年末年始の嫁仕事に加え今年は次女の成人式があったため、いつにも増してバタバタの新年でした。
それぞれの行事も無事終える事ができてほっとしている今日この頃、双子のちび犬たちは食べて遊んで寝て元気。
双子の猫たち、特に竹は強烈に甘えん坊男となりベタベタベタベタしてきます。
竹と松は人語の通訳をしてくれる梅がいないことで、ここにきて今更ながら人語を理解しようとつとめているようにも感じられて不思議です。
犬、猫、双子といえど性別も性格も違うのですが、寝姿などシンクロ率が高く面白いですね。
c0313998_17432215.png
真面目な顔しちゃって。

c0313998_16312301.jpg
成人式の3ヶ月前に長く伸ばした髪を切り、生花を付けると言い張り、爪だまつ毛だとあれやこれや美容師さんに相談しお世話になりましたが、なんとかまとめてくださって感謝です。
長いようで短いような結婚生活27年、長女と次女二人とも成人しなんとなく肩の荷がおりたような気がします。
(いやまだ学生…親働く…)
勤務や学校で娘たちが不在でじーちゃんと夫と私、3人での夕食の時。
二人で始まり娘たちが生まれ、義父母が引退して加わり6人になり、ばーちゃんを見送り5人となり、娘たちが成長し3人で食卓を囲む時が一番しみじみしちゃうなぁ。




[PR]
by okazu1234 | 2017-01-12 18:12 | りんごとじゃむ | Comments(2)