<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2015.12月の映画覚書

c0313998_19112882.jpeg
スターウォーズ フォースの覚醒/ハリソン・フォード

「スターウォーズ・フォースの覚醒」

監督:J.J.エイブラムス
出演:デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック

2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶり「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。オリジナル3部作の最終章「ジェダイの帰還」から約30年後が舞台の新たな3部作の第1章。
新ヒロイン、レイ役デイジー・リドリーは無名の女優さん、ジョン・ボヤーガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ドーナル・グリーソンといった新キャストに加え、マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャーらオリジナル3部作のメインキャストも登場。

エピソード4、5、6、で大団円を迎え、1、2、3、が上映され、もう新作は諦めていたので新たな3部作が観られる、それもソロ船長にルークにレイアが同じキャストで!その事だけで小躍りしたくなるほどの喜びだったが、封切りが近くなるにつれてジワジワと不安になってきた。
ハリソンフォード様はずっとハリウッドで活躍されており、日本で公開される作品にも多く出演、しかしマーク・ハミルとキャリー・フィッシャーはとんとご無沙汰でネット検索しても良い話が聞こえてこない。
おまけに先日観たキングスマンにチラと出ていたマークはあまり美しくなかった(でも演じる姿を見ることができてとても嬉しかった)
あの世界をJJがどんな風に描いてくれるのかと心配しつつ、公開初日の18時字幕2Dを予約して、当日の朝からソワソワし映画館の椅子で正座せんばかりの気持ち悪いおばさんとなった。
隣に座る主人はいたって冷静で「あなたとは思い入れが違うのよ、ふんっ」とか言いながら。
幕が開き(幕はないけれど)通常の上映時にはある他の作品の予告とか企業のCMなど1本もなく始まり、ジャーンとあの音が聞こえた途端に感極まって泣いた。
そこここの場面でノスタルジックな気持ちになって泣き、JJ良いものを観せてくれてありがとう!と、主人とラーメンなぞすすりながら熱く語った帰り道。
後日、娘を誘って2度目の鑑賞、瞬きも惜しむように真剣に観ている娘を(過去作品全部鑑賞済み)観察しながら、スターウォーズの良さがわかる良い娘に育ったと幸せな気分になった。年が明けたらもう一度ひとりでゆっくり観に行こうっと。

2015年最後の映画が「スターウオーズと我が家」ということで良い一年だった。
では、私の中での「観ないでシネるか2015ベスト10」

1、スター・ウォーズ フォースの覚醒
言わずもがなの第1位
2、マッド・マックス 怒りのデスロード
ニコラス・ホルトを発見
3、キングスマン
コリン・ファースのアクションに釘づけ
4、プリディスティネーション
時間ものSF大好き
5、フォックス・キャッチャー
マーク・ラファロとチャニング・テイタムのトレーニング風景が最高
6、きっと、星のせいじゃない
泣ける泣けるけれど爽やか。
7、007 スペクター
安定のゴージャスさ
8、ミッション・インポッシブル ローグネイション
50代?のトムの鍛錬。
9、ジュラッシック ワールド
以外と脆弱な球体の乗り物とラプトルとモササウルス
10、イミテーション・ゲーム
カンバーバッチ様の執着・固執


紋谷さん、3年が過ぎました、早いなぁ。
今年も我が家は平凡な一年をありがたく過ごしました。
来年もふつーな一年になりますように。

[PR]
by okazu1234 | 2015-12-31 22:00 | 映画 | Comments(0)