<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

猫のこと

c0313998_17412186.jpg


写真は猫チームの長男「梅」
家に誰ががいると側にきて何をするでもなくゴロンと横になって一緒に過ごす。

娘2が下手くそなギターの練習中も、側にいる…うるさくないのかなぁ。
うとうとしていたから頭の上にピックを乗せてみたら、そのまま寝ていたそうな。

「梅くんは眠り粉を出す」と娘たちは言う。
(そりゃ、ポケモンの不思議種とか不思議バナじゃないの?)
宿題をやっていても、ギターの練習をしていても近くにきてコロンと横になる。

寝ている猫を構いたくなるのが人の常。
ツンツンつついたり、撫でたりしているうちに人間も眠くなって一緒に寝てしまうのだそうだ。
勉強サボって昼寝しちゃう言い訳?

かく言う私も洗濯物などを畳んでいると、必ずどこからともなく現れて身体の一部をくっつけて寝てしまう梅を見ていると眠くなる。
洗濯物をほおりだして横になったらおやすみ3秒。

眠り粉の威力抜群。








[PR]
by okazu1234 | 2014-09-18 17:40 | 猫は気まぐれ | Comments(0)

トリミング

今までプードルという犬種に馴染みがなかったため、どんな風に育つのか?
基本のしつけや我が家のルールは同じだとしても、
どのくらい食べる?(こんなにちょっとしか食べなくて大丈夫?)
どのくらい飲む?
(こんなにちょっとしか飲まなくて大丈夫?)
何キロくらいになる?
(小さ過ぎない?)
爪はどのくらい伸びる?
(思ったより伸びる…)
毛はどのくらい伸びる?
(あっという間にもじゃもじゃ)
抜け毛は?
(抜けない驚き)
肛門線は私が家で絞る?
(絞ろうと思ったけど肛門が小さ過ぎて怖い)
シャンプーの頻度は?
(くるんくるんのままで洗っていいの?)
カットはどんなスタイル?
(ヘアカタログがあることに驚き!)
暑さに強い?弱い?
(大型犬より強い印象)
寒さには?
(まだ冬を経験していないのでわからない)
真冬の散歩は服が必要?
(可愛い服着せちゃったりして(^_^;))
最適な運動量は?
(思ったより走る飛ぶ駆け廻る)
犬種特有の遺伝子疾患は?
(膝関節?股関節?眼疾患?)

また、トリミングが必要な犬と暮らしたことがなく、カットで雰囲気がこんなに変わるのか?ということも驚きです。
c0313998_21103016.jpg

c0313998_21104845.jpg

c0313998_21110251.jpg


大型犬との違いに手探りの犬育ての日々です。





[PR]
by okazu1234 | 2014-09-14 16:01 | りんごとじゃむ | Comments(4)

2014伊良湖トライアスロン

c0313998_00003980.jpg


なんとか完走できました。

前夜の予報は降水確率80%
スイムとランは問題ないとしても、土砂降り雨の中でのバイクは考えただけでも恐ろしい、大雨が降ったらバイクはスキップして棄権になってしまうけれど、スイムとランのみの参加をしようと思いながら布団に入った
ら…朝でした。
おやすみ3秒。

当日の朝5時にアラームで目覚めると、曇り空、
バイク乗れそう…。

時間に余裕を持って出ましたが、一番近い人気の駐車場は7時で満員御礼。
整備されているけれど一番遠いフェリー乗り場の駐車場に誘導され落ち着きホッ。

スタートは10時20分。
いつも大会当日の朝ごはんはオニギリ2個を2時間前、ゼリーを1時間前、バーム缶を30分前とだいたいそんなメニューなのですが、
なんだか食べる気にならない。
緊張しているのかな、いや、でも朝ごはん抜きではいかん、などなど考えつつ、バナナを1本と食べられそうなゼリーですませ、
雨が降り出す前にとバイクの準備を始める事に。

まわりには県外ナンバーの選手も多くAタイプに出られる方々なのかサクサクと準備を進めている中、私はBタイプでスタートも1時間程遅いためなんだかとても緩慢。
10回目の出場で毎年同じ事をしているのに、ふと手を止めて次はなんだっけ?と思ってみたり老化してるのかな?と不安になってみたり…
そんな時に友人登場。
たわいもない話をしているうちに少しずつ覚醒してきたのかその後はすんなりと準備が進みトランジットへ出発。

やけに長く感じる会場までの道程で1人で歩いている女性の選手と会い、「緊張しますね、会場遠いですね」などの会話で長く感じた道程も気が紛れて感謝感謝。
c0313998_00021390.jpg


トランジットに着きゼッケンNo.の貼ってあるスペースを見つけお隣りの方に挨拶などしているうちに今年のゼッケンNo.は年齢順ということが判明。
私の後ろには10人の選手しかいない。
我が身の年齢を感じ、あと何年出られるのかななんて少しセンチメンタルな気持ちになりましたが、毎年この順番だったら隣近所の同世代の方とお友だちになれそうな気がして、この並びもいいかも。

ナンバリングを済ませ、年に一度ココでしか会えない方々とコースの確認や近況報告などしながら過ごし、Aタイプのスタートを見送っているとまたムズムズと緊張。
そういう時には作業をするに限るので、スイムで戻ってきた時、バイクで戻ってきた時と考えながらシューズやウェアの準備をし、砂を被らないようにタオルを置き、ウエットスーツを着込みクラゲ避け日焼け止めをぬり準備万端。

友人と緊張して吐きそうなどと軽口を叩き合い、まんざら大袈裟でもなく気持ち悪くなって不安になることしばし。
でも、それもウォーミングアップに海水に浸かったら冷たくてシャキッと目が覚めた。
もうすぐ始まる、3時間半程頑張れば夏は終わる、しっかり準備できているとは言わないけれど始まってしまったら進むしかないと腹を括る。

スタート地点で、応援に来てくれている友人に怖いよと弱音を吐き、一緒に出る初出場の友人の娘さんには「大丈夫大丈夫、練習してきたんだから、なんとかなるよ、マイペースでね」などとカラ元気を出して励ましたりして(自分にも)

スイムスタート
思ったより冷たくはないけれど、心拍が落ち着くまでは焦らず慌てずバトルの隙間を縫って極力巻き込まれず只々泳ぐ。
コースアウトしないようにブイの近くを確認しつつ泳いでいると集団に巻き込まれて背中を押されて沈。
マズイけれど折り返すまではブイの近くを泳がないと浜側のテトラポッドに近づき過ぎると危険と感じ踏ん張る。
折り返してからはヘッドアップしてコースを確認しながら巻き込まれないように気をつけつつ、スイムゴールを目指す。
足が付くようになってからはイルカ飛びで膝下程浅くなるまでガマン、走れるようになる頃には、湘南で先週2.5k泳いでいるので伊良湖の1kは短いと感じた、だからと言って速いわけではないけれど…ほほほ。
応援の友や家族を見つけ嬉しくなってヘラヘラする。

バイクスタート
スイムから上がりトランジットに着くと、隣近所はまだ姫さま(さすがスイマー)しかスイムゴールをしておらず、私って速かった?などど勘違いしていい気分になっていたけれど、
苦手なバイクできっちり皆さん抜いて行きました。
そして私はサングラスをかけるのを忘れて、目もシバシバするし、なんだかドレスアップしている方々の中で自分だけパジャマでいるような感じで恥ずかしい気持ち。

変更になったバイクコースはコーナーが七箇所、Uターンが一箇所あり、レース中にUターンなどしたことがない私にとっては冷や汗タラタラコースでずっとキープレフトで邪魔にならないように。

ランスタート
今年のラン目標が「遅くても歩かない」
地道にテケテケ走り、膝も痛まず遅いなりにも順調に走り、後半大腿四頭筋がピクピクつりそうになってマズイと、すれ違った友人にこぼすと「エイドにコールドスプレーがあるよ、使った方がいいよ、もう少しだからがんばろ」と励まされた、ありがとうね。
最後の灯台の登りは、走っているのに、
先を歩いている方に追いつかないのはなんでだ…
などとツラツラと考えたり、開き直ったり。
そして、待ち構えていた娘と手をつなぎゴール!

ゴールの後は走って「アサリ汁」を頂きに行きました。
アサリのためならまだ走れるのかと言われました…。

応援ご心配してくださった皆様ありがとうございます。

大会役員競技役員の皆様、ボランティアさん、福江高校の生徒さん、スポンサーさま、
皆さんのお陰で今年も頑張れました。
ありがとうございました。

また、暑い中現地で応援してくれた友よありがとう!
コース上で励ましあった選手の皆さんありがとう。

そして、オロオロ心配してたヒゲ、キャーキャー言ってくれた娘2、彼を連れてきてくれた娘1(母ちゃんはコース上で競技中なのにお初にお目にかかりますとペコペコしちゃったよ(^_^;))
心配してくれたじーちゃん、ありがとう。

長々と読んで頂きありがとうございました。
c0313998_08205564.jpg



私の夏は終わった!






[PR]
by okazu1234 | 2014-09-09 23:42 | 生涯スポーツ | Comments(1)

伊良湖前夜

c0313998_19523049.jpg


今日は伊良湖のバイクチェックと前日受付、終了後は競技説明とカーボパーティ。

バイクチェックは伊良湖休暇村にて、協会の方々にあれこれチェックして頂きOKを貰ってから受付へ。
年に数回しか乗っていないし360日はお座敷自転車になっているからピカピカだけど、20年前のだもんな〜
今更ながらに周りを見渡すと、なんだかすんごいメカメカしている速そうな自転車ばかりで場違いな感じがしないでもないけれど、
ま、長いお付き合いだし「今年もよろしくね」と心の中で思う。

今年はスイムもバイクもコースの変更があり、競技説明も例年になく丁寧に行われ、
スイムはよいとして、バイクはコーナーが7箇所となり、おまけにUターンまであって私は曲がれるのであろうか…と不安になる。
周りに迷惑をかけないよう気をつけて走行しようそうしよう、と、思うしかない現在の心境です。

明日は雨の予報、バイクの時間だけでも雨があがっていてくれないかなぁと願うばかり。
忘れ物のないようにもう一度チェックして、
今夜は早く寝ましょっと。
あれこれ心配しても明日は明日の風が吹くというものですね。
[PR]
by okazu1234 | 2014-09-06 19:51 | 生涯スポーツ | Comments(0)

8月の映画覚書

c0313998_22200896.jpg

写真はパシフィコ横浜「トランスフォーマー博」に行った娘1がニコニコ顔とともに送信してきたものです。
娘24才、コミケとトランスフォーマー博のハシゴです(^_^;)
c0313998_22204782.jpg


「るろうに剣心 京都大火編」
監督大友啓史、原作:和月伸宏
出演佐藤 健/武井 咲/伊勢谷友介/青木崇高/蒼井 優/神木隆之介/土屋太鳳/田中 泯/宮沢和史/小澤征悦/滝藤賢一/三浦涼介/丸山智己/高橋メアリージュン /江口洋介 ・ 藤原竜也
公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin/index.html?oro=mile

原作漫画、TVアニメ、数年前の実写版映画と人気のある作品、期待値が高いが故になんとなく心配しながら鑑賞でしたが、
少し大人になって、よりシャープになった佐藤健さんは前回よりかっこよかった!
神木隆之介くんとの殺陣も迫力があり若い二人の身体能力の高さにおばさんは感激、若いって素晴らしい。
ぷっつりと終わるラストシーンに後ろ姿だけ映っているお方は福山さん。
剣心の師匠役でしょうね。
2部作の完結編が9月に封切られるのでそちらも楽しみです。


「トランスフォーマー ロストエイジ」
監督マイケル・ベイ
出演マーク・ウォールバーグ/二コラ・ペルツ/スタンリー・トゥッチ/ソフィア・マイルズ/ジャック・レイナー/ケルシー・グラマー/T・J・ミラー/リー・ビンビン/ハン・グン/タイタス・ウェリヴァー
声の出演
ピーター・カレン/渡辺謙
公式サイト
http://www.tf-movie.jp/

前回までの作品はシャイア ラブーフ青年が高校生から大学、社会人として成長物語でしたが、
今回の主人公は大人、思春期の娘に手を焼きながらも画期的な発明をして娘の進学資金を作りたいケイド(マーク ウォールバーグ)が、古いトラックにトランスフォームしているオプティマスに出会うところから始まります。
巨大宇宙船に乗って地球にあらわれたロックダウン、オートボット、人造トランスフォーマーを開発過程でディセプティコンを新生させてしまったCIA、三つ巴の闘いですが、
そこにダイノボット(恐竜型、原作では早い時期から登場しているが、映画では今回初参加)も参戦して種の存続のための闘いが繰りひろげられ大型建造物破壊。
あぁ、そんなに壊さなくても…と思うほどに。
主人公をパパと娘としたことで家族愛も描きたかったのでしょう。
それはそれとして、オプティマスやビーが変身するシーンは何度観ても魅入ってしまいます、素敵。


「バトルフロント」
監督 ゲイリー・フレダー、製作・脚本:シルベスター・スタローン
出演 ジェイソン・ステイサム/ジェームズ・フランコ/ウィノナ・ライダー/ケイト・ボスワース/フランク・グリロ/イザベラ・ヴィドヴィッチ
公式サイト
http://battlefront.jp/

ジェイソン ステイサムは強過ぎます。向かうところ敵なしの圧倒的な闘いっぷり。
火器も使用しますが、柔術?などの戦闘の方が美しく感じます。
強い男代表のシルベスター スタローン脚本制作(本当は自分で演じようと思ってた?)
敵対する役どころのジェームズ フランコの悪役っぷりがとても良かったですが、DVDでも良いかな。


「her 世界にひとつの彼女」
監督・脚本:スパイク・ジョーンズ
出演ホアキン・フェニックス/エイミー・アダムス/ルーニー・マーラ/オリヴィア・ワイルド
声の出演
スカーレット・ヨハンソン
公式サイト
http://her.asmik-ace.co.jp/

まず、主役のホアキン フェニックスの前作品「ザ マスター」の役どころのと同じ人物とは思えない柔らかい物腰で役者さんって凄いなと感心しました。
主人公セオドアが最新式のAIを搭載したOSを購入するところから始まります。
AIのサマンサに恋をしてしまう主人公。
進化するAIの行きつくところは集合知と、よくあるストーリーではありますが、映像も音楽もとても美しくてロマンチックな近未来でした。


「ルーシー」
監督・脚本:リュック・ベッソン
出演スカーレット・ヨハンソン/モーガン・フリーマン
公式サイト
http://lucymovie.jp/

違法薬物に絡むクライム映画かと思いきやSFでした。
10%しか機能していないと言われる人類の脳が覚醒するとどうなるのかというこれまたよくあるストーリーでしたが、ラスト以外の良いシーンは広告で観たものがほとんどでした。
リュック ベッソン監督があれこれ全部詰め込んだ映画です。
やはり、進化を極めていくと集合知となるんじゃないかと受け取りました。
脳科学者役のモーガン フリーマンは安定の演技。
スカーレット ヨハンソンはherを観たあとだったので「サマンサ」とシンクロしてしまいました。
やっぱり集合知…。


9月は、ジゴロ イン ニューヨーク、ケープタウン、るろうに剣心、ガーディアンズ オブ ギャラクシー、猿の惑星。




[PR]
by okazu1234 | 2014-09-04 22:18 | 映画 | Comments(4)