<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11月の映画覚え書き

11月の映画覚え書き
長〜いので適当に。

○グランドイリュージョン
監督ルイ・レテリエ
出演ジェシー・アイゼンバーグ/マーク・ラファロ/マイケル・ケイン/モーガン・フリーマン/メラニー・ロラン

“フォー・ホースメン”と呼ばれる4人のスーパーイリュージョニストグループ。複雑に計画された不可解な犯罪。FBI捜査官のディランとインターポールのアルマとの攻防。
映像が美しいです。
前半の伏線も回収されていました。
想像していた結末とちょっと違って以外でした。
ジェシー・アイゼンバーグは可愛い(20代〜30代の男性を息子のように可愛いと思う事に自分の年齢を感じる今日この頃)


○スティーブ・ジョブズ
監督 ジョシュア・マイケル・スターン
出演 アシュトン・カッチャー/ダーモット・マローニー/ルーカス・ハース/ジェームズ・ウッズ/ジョシュ・ギャッド/アマンダ・クルー/マシュー・モディーン/J・K・シモンズ/ヴィクター・ラサック/エディ・ハッセル/ロン・エルダード/デヴィッド・デンマン/アーナ・オラ

スティーブ・ジョブズは友人と自宅ガレージで、1976年「アップルコンピュータ」を立ち上げた。アップルは瞬く間に巨大化し、1980年には株式も公開された。しかし独裁的に開発を進めるジョブズの手法は周囲から大きな反発を受ける。1985年、ジョブズは取締役会と対立しアップルを退社することになる…。
よく知られているジョブズのストーリー。
レインボーカラーのリンゴマークが出てきてなんだか胸が熱くなりました。


○キャリー
監督:キンバリー・ピアース
原作:スティーブン・キング
出演 クロエ・グレース・モレッツ/ジュリアン・ムーア/ジュディー・グリア/ポーシャ・ダブルデイ/アレックス・ラッセル/ガブリエラ・ワイルド/アンセル・エルゴート

1976年にブライアン・デ・パルマ監督、シシー・スペイセク主演で映画化されたスティーブン・キングの同名小説を、クロエ・モレッツ主演で再映画化。
前作を中学生の時に見た時には、そりゃあもうシシー・スペイセクが怖くて怖くて怖くてヒーッT_T
今回は主演のクロエちゃんがふっくらとしていて健康的な可愛さがあって、怖いというよりかわいそうで悲しくて仕方なかったです。
もうかわいそうで悲しくて(何度も言う)特殊能力があるキャリーちゃんはプロフェッサーXの学校でX-MENの仲間入りさせてもらって欲しかった〜。


○パーシージャクソンとオリンポスの神々 魔の海
監督トール・フロイデンタール
出演 ローガン・ラーマン/ブランドン・T・ジャクソン/アレクサンドラ・ダダリオ/ジェイク・アベル/ダグラス・スミス/スタンリー・トゥッチ

ローガン・ラーマンが大好きな娘2が待ちに待ったシリーズ二作目。
世界を救うのは愛と友情、勇気と冒険ファンタジー。
家族で鑑賞、娘2興奮、あと二回みるといっています、私はもう満足、自分のおこずかいで友だちと行きなさい(^_^;)


○清須会議
監督・原作・脚本:三谷幸喜
出演 役所広司/大泉洋/小日向文世/佐藤浩市/妻夫木聡/浅野忠信/寺島進/でんでん/松山ケンイチ/伊勢谷友介/鈴木京香/中谷美紀/剛力彩芽/坂東巳之助/阿南健治/市川しんぺー/染谷将太/篠井英介/戸田恵子/梶原善/瀬戸カトリーヌ/近藤芳正/浅野和之/中村勘太郎

天正10年(1582)年、織田信長が明智光秀による本能寺の変にて家督を継いでいた長男と共に命を落とす。
その後の織田家お世継ぎ問題を清洲城で会議で話し合い決めるというストーリー。
豪華キャスト、よく集まりました。三谷作品には魅力があるのですねぇ。
役所広司、大泉洋は言わずもがなの面白さですが、歴史の裏に女性あり、鈴木京香さんいいです。
家族で鑑賞、娘2は日本史に興味を持った様子。


○悪の法則
監督リドリー・スコット 
出演 キャメロン・ディアス/ブラッド・ピット/ハビエル・バルデム/ペネロペ・クルス/マイケル・ファスベンダー

「エイリアン」のリドリー・スコット監督75才、なんとも艶っぽい作品を撮られる、まだまだお元気なのですねぇ。
映像は美しい、キャストは超豪華。
優秀な弁護士が悪事に手を染めるところから悪い事したら身の破滅、真面目に生きていくのが吉ということで、ブラピ様でさえも…
ペネロペ・クルスは美しく、キャメロン・ディアスはクールで謎で悪女です。
前半所々に伏線張られていますが回収されているのかいないのか、説明少なくわかりづらくスッキリ終わりません。それがクールなのか??
終わった後、む〜ん(-_-)と考えてしまいます。
でも、見なきゃ良かったとは思いませんです、それも映画の面白さ。
ヒーロー好きでスッキリ好きなヒゲは観たら機嫌悪くなるなきっと。
ご家族さま不向き、エロいし首取れちゃうから(^_^;)
あ、様々なサイトのレビューではけちょんけちょんに酷評されていました。


○マラヴィータ
監督(脚本)リュック・ベッソン、
製作総指揮:マーティン・スコセッシ 
出演 ロバート・デ・ニーロ/ミシェル・ファイファー/トミー・リー・ジョーンズ/ディアナ・アグロン

これまた豪華な「レオン」「ニキータ」「グランブルー」のリュック・ベッソン監督にマーティン・スコセッシ製作、ロバート・デ・ニーロにトミー・リー・ジョーンズときたらみなくてはいかんです。
現在はFBIの証人保護プログラムを受けて家族と共に保護されて生活している元マフィアのドンとその家族がマフィアと闘います。
デ・ニーロ様のしょぼくれ加減がとても良く、ミシェル・ファイファーは美しく、子どもたちの活躍?がようございました。
暴力的なシーンも多くご家族さま向きではないけれど、大きい子なら大丈夫かな。


来月は「かぐや姫の物語」「キャプテンフィリップス」「0グラビティ」「47RONIN」「REDリターンズ」

[PR]
by okazu1234 | 2013-11-30 10:00 | 映画 | Comments(2)

オカザキマラソン

オカザエモンの岡崎マラソン完走
57分34秒、3年ぶりの57分うひょ〜♪

10月の港シティマラソンで頑張ったのに1時間切れず、ムカムカした勢いでエントリーしたので今日の結果は嬉しー*\(^o^)/*
しかし、ゴール前1kが登り坂で途中で心が折れそうだった。
あちこち張りはあるけれど、深刻な痛みはなく上出来。


では、友とご飯に行ってきます〜

[PR]
by okazu1234 | 2013-11-24 18:00 | 生涯スポーツ | Comments(0)

プリン 11月の診察

c0313998_23480311.jpg
今月の診察は血液検査 レントゲン エコーのフルコースで年に一度の半日ドッグドック。
病院に着くなり「嫌だなぁ」って顔をするけれど、終わったらおいしいものあげるからがんばってと送り出す(笑)

心臓のエコーなんか私がハートセンターで受けた時よりじっくり診てしっかり説明してくださった(^_^;)
人間の心臓と犬のと素人の私がみるとあまり違いがわからない。
股関節のレントゲンを眺めながらDr「グズグズですねぇ」
近頃散歩の距離が短くなって、外を眺めながら500m歩いてひなたぼっこして帰ってくるだけの事が多くなった、痛いんだろうなぁ。。
「痛み止めは腎臓に影響があるからあまり出したくない」とのことでいつもの薬+サプリメント追加。
「プロモーション」というもの、すこぶる評判が良いらしく期待しちゃう。
痛みはとってあげたい。
終わった〜と嬉しそうに帰ってきたので、サツマイモの蒸したものをあげたらルンルンしていた。
パンも大好きだけれど市販の物は塩分が多いからHBで無塩の食パンを焼いてあげた。
なんとか散歩も行けているし、欲しい物は要求するし、まずまずの元気。
14才と4ヶ月


[PR]
by okazu1234 | 2013-11-16 20:00 | 犬は友だち | Comments(0)