須山口登山歩道 水ヶ塚〜宝永第2火口縁

c0313998_08161880.jpeg
富士山へ続く道 その7

7月の本番の予定が少しずつ決まってきました。
山頂の浅間神社の参拝が一番の目標ですから神社に少しでも近く参拝できる可能性の高い富士宮コースが最有力候補ということで、天候と体調が良ければ初日に須山口登山歩道1合目から7-8合目まで登り山小屋泊、しっかり朝まで休み御来光は山小屋から拝し、重いリュックを山小屋に置いて必要な物だけの小さなバッグで登頂し、浅間神社に参拝し天候と体調をみてお鉢巡りと剣ヶ峰まで行き下山、帰りはは5合目からバスに乗り水ヶ塚公園まで戻る。
●日中しか歩かない、悪天候体調次第で迷わず撤退、登りも雨なら5合目までバスかタクシーに乗る、混雑を避け平日、山小屋予約を忘れずに。

概ね計画ができたところで、1合目から5合目まで歩けるの?何時間くらい?体力的にどんな感じ?荷物を背負って歩ける?
富士スカイラインは開通済み、5合目まで車で行けるということはアクシデント勃発時にはタクシーで下山も可能。
確認したところ5月現在5合目からの下山バスは11:00と18:00の2本のみ。
伊藤フミヒロさんの「富士山ハイキング案内」とネットのサイト「富士山自然休養林 ハイキングマップ」で確認し、整備されていて道迷いせず安全に歩けそうな所を選び、「山と高原地図」を忘れずに持ち30Lのリュックを背負って行ってきました。
須山口登山歩道〜宝永第2火口縁までお試しハイキングです。

5月20日日曜日 快晴 7時の水ヶ塚公園の気温8度 決行です。
c0313998_17452720.jpg
水ヶ塚公園駐車場に到着後、あれこれ支度をしていたら8時になってしまい反省。
駐車場から道を渡った側に大きな案内板があります。

c0313998_17460101.jpg
須山口登山道入口
c0313998_17460664.jpg
5合目まで210分の案内板
胎内洞窟方面へ行く道もあります、そちらも魅力的ですが、この日は寄り道せずに行きます。

c0313998_17460895.jpg
森の中を歩きます、広く整備されていてこの辺りは傾斜も緩く散歩気分です。

c0313998_17461232.jpg
散歩気分ですが石がゴロゴロ
c0313998_17470786.jpg
緑の深い所は苔生しています、良い気分。

c0313998_17471138.jpg
ミツバツツジでしょうか?緑の中のピンクの花が美しい
c0313998_17471695.jpg
c0313998_17472133.jpg
30分歩きました。
須山上がり一合五尺、地図通りに案内板があります。
c0313998_17472348.jpg
写真のような赤いテープともう少し小さなピンクのテープが所々にあります。
c0313998_17500949.jpeg
水ヶ塚駐車場から70分ほどの所にガラン沢経由 高鉢駐車場 旧料金所への案内板がありました。
ガラン沢経由も歩きたいのですが、今回は一番安全と思われるコースをとったのでいつか行ってみたいです。
c0313998_17482461.jpg
御殿庭下、ここまで2時間半。
あちこちで足を止め写真を撮ったりオヤツ休憩したりゆっくり進んでいます。
この時点で11時の5合目発のバスには間に合いません、自力で降りてくるかタクシー選択ということに。

c0313998_17482711.jpg
標高1980m
同じく御殿庭下、大きな案内板と地図があります。
c0313998_17482903.jpg
御殿庭中、歩き始めて3時間半、少しずつ傾斜がきつくなってきました。
地図にあるとおりの案内板を見つけるとほっとします。

c0313998_17483129.jpg
歩き始めて4時間、森を抜けて富士山頂が見えました。
しかし目の前にはザリザリの急坂が…ここを登れば今日のゴールの火口縁。
見えているから頑張れる。
心拍を上げないようにゆっくりゆっくり。
恥ずかしながらこの坂を上るのに15分かかってしまいました〜
先が思いやられます。
この坂下りはさぞや怖ろしいのではないかと心配しましたが、帰りはザクザクビューンと以外と楽に降りてくることができました。
c0313998_17491457.jpg
歩き始めて4時間半、宝永山がバーンと見えた時には感動!
火口は大きく深く雄大で怖いほどでした。
快晴ですが時折風が強く吹き立っているのが怖くしゃがみこむほど。
c0313998_17491630.jpg
宝永山へ登っていく人の影が小さく見えていました。
c0313998_17491996.jpg
山頂を眺めながらあの岩ばかりの所を登って行くのかと思うと心配になったり…
6合目の山小屋が見えていましたが、そこまで往復すると1時間はかかりそうなので、1合目まで降りる余力を残して下山!
c0313998_17492154.jpg
下山途中の良い景色、海が見えます。

c0313998_17492458.jpg
倒木地帯
c0313998_17495253.jpg
こんな道もあり、森林限界から下は楽しい道のりです。
c0313998_17495584.jpg
下山は休憩含めて3時間、水ヶ塚駐車場着
無事辿り着くことができました。

上り4時間半、下り3時間、7時間半の行動時間
実際に行ってみて森の中を歩くことは最高に気持ちの良いものでしたが、眺めただけでも6合目から上は急登ですし心配になりました。
雨もそうですが、強風が怖いです、お天気と体調とよく相談ですね。

水分500m×3、昼食、着替え一式、レインウェア、救急セット、地図、コンパス、熊避けベル、本番と同じ荷物を30Lのリュックに詰めましたが重かったー!再考が必要です(ウィダーのゼリー2個が思いの外重かった、今回は結局食べなかった)

[PR]
by okazu1234 | 2018-05-26 18:38 | 生涯スポーツ | Comments(0)
<< 5月の映画覚書 「パターソン」 >>