3月の映画覚書

3月の映画覚書

「シェイプ・オブ・ウォーター」
監督 原案 脚本 製作 ギレルモ・デルトロ
出演 サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ、マイケル・スタールバーグ、オクタビア・スペンサー

1962年冷戦下のアメリカ、政府の極秘研究所で働く女性イライザと、アマゾンで神のように崇拝されていたという不思議な生き物と心を通わせる。

街並みや室内外、主人公のアパートメントの日常使いの家具やキッチン用品の小物に至るまで、始まってすぐ音楽とともにその全体の雰囲気に心をつかまれました。
イライザを支える友人たちがとても暖かく、オクタビア・スペンサーが出てくるだけで気持ちがホッとします。
政府側のマイケル・シャノンがまたギラギラした感で悪いのなんの、そりゃもう上手いなこの人と感心しきりです。
c0313998_16385227.jpg


「ブラックパンサー」
監督 脚本 ライアン・クーグラー
製作総指揮 原作 スタン・リー
出演 チャドウィック・ボーズマン、マイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴ、ダナイ・グリラ、マーティン・フリーマン、ダニエル・カルーヤ、フォレスト・ウィテカー、アンディ・サーキス

シビル・ウォー キャプテン・アメリカでMCUに登場した"ブラックパンサー"が主役
アフリカの超文明国ワカンダの若き国王が国を守るためにブラックパンサーとして戦う。

ワカンダ王族の血族でティ・チャラを追い詰める強敵マイケル・B・ジョーダンが容姿も屈折具合もとても良く魅力的。
超文明国ワカンダの設定も、なんていうかこう野性味あふれつつもハイテクノロジーで魅力的。


「レッド・スパロー」
監督 フランシス・ローレンス
出演 ジェニファー・ローレンス、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズ、キアラン・ハインズ

元CIA局員という経歴を持つジェイソン・マシューズによる同名小説が原作
怪我でバレリーナになる道を絶たれたドミニカは、ロシア政府が極秘裏組織した諜報機関の一員となりスパローとしての訓練を受ける。

望まぬうちにスパローとしての道を歩むことになったドミニカにこれ以上の不幸が訪れないようにと思ってしまうのだけれど、CIA捜査官のナッシュ(ジョエル・エドガートン)が善良過ぎる。
終盤はドミニカがスパローとして開花しシリーズ化もできそうな終わり方。



by okazu1234 | 2018-03-31 20:00 | 映画 | Comments(0)
<< 梅田親水公園〜神石山 普門寺〜神石山〜多米峠 >>