6月の映画覚書

「ローガン」
監督 ジェームズ・マンゴールド
出演 ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、ポイド・ホルブルック、スティーヴン・マーチャント、ダフネ・キーン、エリザベス・ロドリゲス

ミュータントの大半がいなくなってしまった2029年、長年の激闘で疲弊し生きる目的も失ってしまったローガンが、老いて力をコントロールできなくなっているチャールズと暮らす世界。
ある女性から連絡があり、ローラとーいう少女をノースダコタまで連れて行って欲しいという依頼がある。
組織に追われながら、チャールズ、ローガン、ローラの3人の逃避行が始まる。

老人と少女と3世代の疑似家族の逃避行、シリーズの中で一番厳しく暗い雰囲気ですすみますが、疑念と不安で笑顔もないローラが可憐、そして逞しい。
ローガンの死闘は文字通り命をかけた最後の闘いで、見ていて辛くなるほどでしたが、
最後に少しの希望と光さす未来を感じられました。
秀作です、ローガンとヒュー・ジャックマン、長い間お疲れさまでした。


「キング・アーサー」
監督 ガイ・リッチー
出演 チャーリー・ハナムジュード・ロウ、アストリッド・ベルジュ=フリスベ、ジャイモン・フンスー、エイダン・ギレン、エリック・バナ

語り継がれているアーサー伝説です。
路地裏貧しい環境でたくましく育った青年アーサーが伝説の聖剣エクスカリバーを手に、救世主として語り継がれる存在へと成長していく姿を描いています。
ガイ・リッチーの英雄伝説、面白かったです。
有名な伝説で特に目新しいものはないのですが、上手く作ってあるなと感じたのに、評判はいまひとつだったようで(笑)
ジュード・ロウの悪役はよかった!そしてベッカムを発見した時にはちょっと嬉しかったです。



c0313998_20194489.jpg

「ハクソー・リッジ」
監督 メル・ギブソン
出演 アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング、レイチェル・グリフィス
第二次大戦の沖縄戦で75人の命を救った衛生兵の実話の映画化。

沖縄へ行った時に、たいした知識もなく嘉数の闘い跡に行ってしまい、行った先で説明文や展示パネルをはじめて見て心がザワザワしたという事があったので、嘉数戦の後のハクソーリッジでの出来事はとても心に響きました。
現在でも沖縄のその場所は「ドス・ポイント」として訪れる人が多くいらっしゃいます。
アンドリュー・ガーフィールドは素晴らしくよかった。
彼を起用したメル・ギブソン監督ありがとう!
私の中で今年映画館で鑑賞したベスト10入りです。



by okazu1234 | 2017-06-30 20:00 | 映画 | Comments(0)
<< 北海道旅行 その3 北海道旅行 その2 >>