おかざきマラソン2016.11.27

昨日、例年通りの11月開催に戻ったおかざきクォーターマラソン(10.5k)に出場。
雨が落ちてきそうな空模様、なんとか走り終わるまで雨に追いつかれずに完走。
(雨降りだったらやめようかと密やかに考えていたのに暑くもなく寒くもない12度ほどの曇り空で"出ない"言い訳が見つからなかった…練習不足につき弱気)

前回に続き夫と娘2も参加、あのゴール前の登り坂に文句たらたら言っていたから出ないかと思いきや、エントリーする?と声を掛けると「走るよ!」と二人とも即答で驚き。
二人ともやる気はあるものの仕事や学校や遊びで練習時間があまり取れていないので、夫には膝関節、娘2には足底筋膜炎予防のテーピングをしっかりしてサポートタイツをすすめてバナナと水分持たせてと、自分ひとりの支度より断然時間がかかるので朝からバタバタでした。

ゼッケンなどは前もって送られてきているので、当日朝の受付はなく、走れる身支度を整えてスタート地点に8:30集合という形。
参加賞などは指定時間内ならいつでも引き換えOKなので都合が良いのですが、今年は総合公園内ではなく数キロ離れた企業の駐車場が当たってしまい、車を置いたらバス移動、ということは走るウエアの上に上下着て着替え水分参加賞引換券タオルなどなどを持っての移動となり、やはり早めのエントリーが大事なのかなと。

開会式では、今年のゲストランナーの「にしおかすみこ」さんの挨拶、お笑い芸人さんでクォーターとジョギングの部で走られました。
エントリー時に1時間を越える申告をしてゼッケンにはG、最後尾。
A〜Gまで参加者多数でスタートの号砲が鳴って時計が動き出してからゾロゾロと歩き、走り出せたのは2分ほど後なので最初の2k地点の関門15分(だったような)大丈夫かな、2kで足切りは哀しい。
その後、6kのカウントダウンにヒヤヒヤしながらも最後の8kの関門をクリアしてからは、あのゴール前の坂を1k以上登らなくてはいけないけれどもうここまで走ったから絶対歩かない、たぶん(笑)
そんな事ばかり考えていました。

登りが始まりしばらくすると後ろから背中をパチンと叩かれ何事かと思ったら、夫に追い付き追い越されるという想定外の出来事が。
娘2は?と聞いても彼はヒーヒーハァハァで要領を得ず、想像するに「6kの関門まで一緒だったけど後はわから〜ん」身振り手振りができるなら喋りなさいよと、追いつかれた不本意さも相まってムカムカ(笑)
ピタリと付いて行ってゴール手前で抜かしてやりましょうなどと考えたのに置いていかれました…夫婦揃って低レベルな争い。

その後ろ姿を眺めながら、体幹が脆弱でフォームが悪いから、歩く姿勢から見直して次の時は腰にもテーピングしてあげよう、などと自分の事は棚に上げているとやっと見えた競技場のゴール、歩かずにゴールできてタイムは前回と同じ上出来です。
という事は夫はタイムを2分縮めたということで、褒めてあげよう。
二人でハラハラしていましたが娘2も制限時間内に無事ゴール!
良かった、怪我もないようでほっとしました。
参加者へのフードサービスはスープでも豚汁でもなくフルーツののったスイーツでした、はじめてでしたが美味しく頂きました。

次の2月の10kの大会には仕事の都合をつけて娘1も出ると言い出し家族4人でエントリー済み、デビュー戦ですから心配です^^;

翌日の今日、夫と娘2は筋肉痛でヨボヨボしながら出勤登校、私も腿裏が痛い〜と言いながら出勤。
今年の大会はこれにて終了です。

c0313998_21492676.jpg



[PR]
by okazu1234 | 2016-11-28 20:19 | 生涯スポーツ | Comments(0)
<< 虹の橋のたもとで 世界の果てまでヒャッハー! >>