岡崎市「真福寺」「八所神社」

神社仏閣覚書

「真福寺」

岡崎市真福寺町薬師山6
山号、霊鷲山(りょうじゅせん)
宗派、天台宗
本尊、水体薬師
創建年、伝・推古天皇2年(594年)
開基、伝、聖徳太子、物部真福(願主)
正式名、霊鷲山 降劔院 真福寺
別称、三河薬師

ーーーーー
寺伝では、物部真福が山の頂より霊光輝き瑞雲たなびくをみて不思議に思い訪れたところ滾々と湧き出る泉を発見した。しばし佇み眺めていると日々信仰していた薬師如来が水中より顕れ出て「是好良薬今留在此」と誦して再び泉の中に姿を消した。
これを目の当たりにして非常に感激し末代まで伝えようとして本堂を建立したのが真福寺の始まりである。鎌倉時代には最も栄え、36坊の末寺を有した。
現在は身体健康と目のお薬師様として信仰を集めている。
ーーーーー
こういう寺伝を読むことがとても楽しい。
c0313998_16501546.jpg
岩津天神から続く山の中にあり、山の頂上に本堂があります。
仁王門は1410年に焼失後1419年に再興されたもので、1515年に建立された3メートルを超える立派な仁王像は金網なしで拝観できます。


c0313998_16425078.jpg

「下馬」と記してあります、ここからは馬を降りて歩かないといけません。
馬を降りてと。
c0313998_16483336.jpg


案内板があるところが一番下で駐車場もありますが、外の道路を進むと真ん中あたりにバス用の駐車場があり、そこを越えて境内まで車で入ることができますが(平日限定?)仁王門から続く石段を登って行くと全景がわかり良いかもしれません

c0313998_16440936.jpg
小山と谷の間に橋が掛かっていて空中回廊を歩いて移動することもできます。
一山寺院なのですね。

c0313998_16433133.jpg
堂前の最後の石段の上から撮りました。
この日は小学2年生が遠足に訪れていて、この石段もちびっこでいっぱいでした。
小さい手を合わせて参拝している姿は可愛かったですねぇ、なにかお願いしているのかな。

c0313998_16421404.jpg
大きな本堂でした、中で小学生が2クラスほどの人数で神職の方の話しを神妙な顔をして聞いていて邪魔するのは憚られたので遠くからお詣りしました。
「ご本尊は珍しい水体薬師さまで、湧き出るお水を飲んだり塗ったりするとケガに効いたり元気が出たりするということで知られています」とマイクで話されているのを一緒に聞きました(笑)
毘沙門堂、木造宝塔、鐘楼、三樂殿、広い境内に様々な建造物があり、森の中の散策は楽しいですね。
空中回廊を渡った先の参集殿は竹膳料理で有名処とのことです。


「八所神社」

真福寺の境内に本堂奥の大師堂と鐘楼の奥に隣接しています。
「明治以前は神仏習合、寺院の鬼門に神社を作ったんだよ」
と、神職の方がおっしゃっていました。なるほど。

c0313998_16511694.jpg

菩提樹館(有料の宝物殿?盆栽展をしていました)竹膳料理、お水が販売(授与というより販売)されていたりするところは観光バスが何台も停められる駐車場があるように、観光寺院の感が強いのですが、山の中のお寺はいいですね。
御朱印は本堂の中で頂けました。












[PR]
by okazu1234 | 2016-10-29 17:41 | 旅は道連れ | Comments(0)
<< 御朱印帳 岡崎市「大樹寺」 >>