新城市「龍岳院」


久しぶりの青空!
気持ちの良い秋晴れ日曜日に友人と夫と4人で日帰りぶらり旅
夫と友人は初めて、私は3回目の新城市庭野の「龍岳院」へ

曹洞宗 金剛山 龍岳院
新城市庭野字植田21-1

「お寺は皆様にとって身近な存在であるべきです、開かれた寺院であり続けたいと考えております、寺子屋龍岳院をごゆっくり参拝ください」
公式サイトより抜粋

c0313998_15473273.jpg

新城の山を背に建っていて紅葉頃はまた良いでしょうね。
山門前に「来てくれてありがとう」とあるとおり、笑顔のご住職と奥様が迎えてくださいました。

駐車場には他府県ナンバーの車もありました。
公式サイトにご住職が対応してくださる日時も載っているのでみなさん確認されて来られるのでしょうね。

本堂でお参りをして、順番を待っている間奥様からお茶をいただき、
順番がくると、ご住職がひとりづつ向き合ってお話ししながら書いてくださいます。

c0313998_15495921.jpg

この日頂いたのは秋の御朱印。
「どれがいいかな?秋といえば、、味覚の秋?そんな顔してるね」
と、にこにこ笑顔で書いてくださいました。
押してある茄子や松茸はご住職が手で彫られたそうです。
芸術の秋とか、その他あるということをInstagramに他の方がUPされていたを見て知りました。
私は「味覚の秋」って顔しているのでしょうね、ほほほ。

ご懇意にされている福井県の御誕生寺では猫保護活動をされており、小さな募金箱が設置されていましたので、これもご縁と少し寄付をすると、もう一枚頂き恐縮です。

c0313998_15510999.jpg
そうですね、道に迷って…迷ってばかりだなぁ、
遠回りして道を覚える、そのとおりですね。


c0313998_15490422.jpg
こちらは以前いただいた交通安全お守り。
ワーゲン、可愛いですね。

c0313998_15504213.jpg
御朱印帳を購入時に最初のページに描かれていた一期一会。

まだまだ様々な御朱印がいただけますが、
「一度にたくさんお金使わないで、またいつでもいらっしゃい」
と、他の方にもおっしゃっていました。
温和なご住職と奥様のお人柄が再訪したいという気持ちになるのですね。
(たくさんお金使わないでとおっしゃいますが、御朱印を1枚いただく時に奉納するのはわずか300円なのです)

一人づつ書いてくださるので少し時間がかかります。
公式サイトで御在宅を確認して、時間に余裕を持ってお出かけください。

[PR]
by okazu1234 | 2016-10-19 18:24 | 旅は道連れ | Comments(0)
<< 豊川市「砥鹿神社」 「ハドソン川の奇跡」 >>