2015.5月の映画覚書

c0313998_17592014.jpg
ゼロの未来、クリストフ・ヴァルツ

「博士と彼女のセオリー」

監督:ジェームズ・マーシュ
原作:ジェーン・ホーキング
出演:エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コックス、エミリー・ワトソン、サイモン・マクバーニー

理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士と彼の元妻であるジェーン・ホーキングの伝記。第87回アカデミー賞では5部門にノミネート、エディ・レッドメインが主演男優賞を受賞。
筋萎縮性側策硬化症(ALS)という難病を発症した天才科学者と、彼を支える妻ジェーンの30年の物語。
レミゼラブルのマリウスを演じたエディ・レッドメインの表情がチャーミングで主演男優賞も納得。重く苦しいだけの映画じゃなくて良かった。

「ホーンズ 容疑者と告白の角」

監督:アレクサンドル・アジャ
原作:ジョー・ヒル
出演:ダニエル・ラドクリフ、ジュノー・テンプル

ハリーポッターのダニエル・ラドクリフ主演。原作はスティーブン・キングの息子ジョー・ヒルによる小説
「ホーンズ 角」、恋人メリンを殺され、その殺しの容疑をかけられてしまった青年イグ、目を覚ますと頭に人に真実を打ち明けさせる「告白の力」をもった不思議な角が生えていた。角の力を使いメリンの死に隠された悲劇が明らかになる。
ダークなファンタジー、ホラー?うーんうーん、ハリーポッターのような圧倒的存在感のある作品の後、そこから抜け出ることは容易ではないのねと思った次第です。

「ゼロの未来」

監督:テリー・ギリアム
出演:クリストフ・ヴァルツ、デヴィッド・シューリス、メラニー・ティエリー、ルーカス・ヘッジズ

「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」のテリー・ギリアム監督が、「イングロリアス・バスターズ」「ジャンゴ 繋がれざる者」のクリストフ・ヴァルツを主演に描いたSF。
コンピューターに支配された近未来を舞台に、謎めいた数式を解くため教会にこもって生きる孤独な天才技師の人生が、ある女性との出会いから変化していく様。毒々しいほどカラフルな映像や衣装がとても楽しく、この監督の頭の中を見てみたい気持ち。
電脳の世界を描きだしていても後半のクリストフ・ヴァルツの感情の起伏や表情を見ていると人間的でほっとしたといいますか、なんというか。

「デッド・シティ2055」

監督:ブライアン・A・ミラー
出演:トーマス・ジェーン、ブルース・ウィリス、アンビル・チルダーズ

人間とレプリカント(人造人間)の壮絶な戦いを描く近未来SF。企業王のジュリアンは、現実世界に飽き足らない富裕層の願望をかなえる享楽的なリゾート都市「VICE(ヴァイス)」を作り上げる。そこでは、人々がレプリカント(人造人間)を相手に殺人や暴力、ドラッグといった負の欲求を満たすことができた。その影響でVICEの外の現実世界でも犯罪が横行し、事件を捜査する刑事ロイはVICEの閉鎖を訴えていた。
しばらく見ているとストーリーが容易に想像できてしまう作品だけれど、そこはブルース・ウィリス(悪い方)なので飽きずに見ることはできた。そりゃそうなるでしょうという終盤。

「メイズ・ランナー」

監督:ウェス・ボール
原作:ジェームズ・ダシュナー
出演:ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラリオ、アムル・アミーン、トーマス・ブロディ=サングスター、キー・ホン・リー、ウィル・ポールター、パトリシア・クラークソン

アメリカで大ヒットを記録したジェームズ・ダシュナーのティーン向け小説をもとに、謎の巨大迷路に閉じ込められた若者たちを描いたサスペンススリラー。高い壁で囲まれたエリアに、記憶を失った1人の少年が姿を現す。そこには月に1回の頻度で彼と同じような若者が生活物資と共に送り込まれており、彼らはコミュニティを形成して暮らしていた。
予備知識なしに観たのでサバイバルゲームかと思いきやSFになっていくらしい。ハンガーゲーム、ダイバージェントとティーン向け小説の映像化流行り、どの作品が一番面白いかな、3作お付き合いしましょう。

by okazu1234 | 2015-05-31 22:00 | 映画 | Comments(0)
<< 2015.6月の映画覚書 さっぱりすっきり >>