6月だけれど5月の映画覚え書き

c0313998_16485948.jpg


写真はX-MEN

「それでも夜はあける」
監督スティーヴ・マックィーン
出演キウェテル・イジョフォー/マイケル・ファスベンダー/ベネディクト・カンバーバッチ/ポール・ダノ/ポール・ジアマッティ/ルピタ・ニョンゴ/ブラッド・ピット/
★第86回アカデミー賞® 作品賞、脚色賞(ジョン・リドリー)、助演女優賞(ルピタ・ニョンゴ)受賞

ブラピさまは救世主のような役柄、カンバーバッチさまは優しくて良い人風だけれど、
なにも解決に向かって動けない、マイケルファスベンダーの悪役?っぷりはお見事。
重く苦しい、それでも夜はあけるのか?


「プリズナーズ」
監督ドゥニ・ビルヌーブ
出演ヒュー・ジャックマン/ジェイク・ギレンホール/ヴィオラ・デイヴィス/マリア・ベロ/テレンス・ハワード/メリッサ・レオ/ポール・ダノ

父親役のヒューさまの気持ちもわかる、わかるけれども怖い。
よーく観ていないと伏線回収について行けないから凝視していて疲れました。
終わり方は好き。


「リベンジ・マッチ」
監督ピーター・シーガル
出演シルベスター・スタローン/ロバート・デ・ニーロ/キム・ベイシンガー/ケビン・ハート/ジョン・バーンサル

レイジングブル、ロッキーのお二人様。
これはもう楽しく鑑賞。
肩も凝らずリラックス。
年齢を重ねてもキムベイシンガーは美しかった。


「あなたを抱きしめるその日まで」
監督 スティーヴン・フリアーズ、原作:マーティン・シックススミス
出演 ジュディ・デンチ/スティーヴ・クーガン/ソフィー・ケネディ・クラーク/マックスウェル・マーティン/ルース・マッケイブ/バーバラ・ジェフォード/ケイト・フリートウッド/ピーター・ハーマン/メア・ウィニンガム/ミシェル・フェアリー

気になっていたので鑑賞。涙を誘うセンチメンタルな映画かと思ってみたら、
いえいえ、期待を裏切る良作でした、ジュディ デンチのセリフに頷きました。
名演技です、素晴らしい。


「8月の家族たち」
監督:ジョン・ウェルズ/製作:ジョージ・クルーニー 
出演 メリル・ストリープ/ジュリア・ロバーツ/ユアン・マクレガー/クリス・クーパー/アビゲイル・ブレスリン/ベネディクト・カンバーバッチ/ジュリエット・ルイス/マーゴ・マーティンデイル/ダーモット・マローニー/ジュリアン・ニコルソン/サム・シェパード/ミスティ

この豪華な面々、皆さん個性的でそれぞれの役柄をピチッと演じてさすがです。
母親と娘のやり取りは息が詰まる熱演。
ストーリーはなんというかこう抜け出すのは難しい展開で、誰もがハッピーでは終わらない
(誰もハッピーではない?)ラストシーンのジュリア ロバーツの振り切った顔はどう受け取ったら良いのだろう。


「アメージング・スパイダーマン2」
監督マーク・ウェブ
出演アンドリュー・ガーフィールド/エマ・ストーン/サリー・フィールド/ジェイミー・フォックス

なかなか観に行くことができず、やっと鑑賞。
グウェンちゃんT_Tあのような展開になってとても残念。
次のシリーズのヒロインがもう決まっているのかしら?
ハリー役のデイン デハーンは美しい、うまい、怖い(汗)
サイのロボットはあっという間に退治されてしまいました…。


6月は、XMEN、グランドブタペストホテル、ノア、ラストミッション、トランセンデンス。
グランド・ブタペスト・ホテルがイイね。
[PR]
by okazu1234 | 2014-06-12 16:53 | 映画 | Comments(7)
Commented by aya-aya at 2014-06-13 10:49 x
待ってました〜!
ミスをひとつ発見!「あなたを抱きしめるその日まで」ではなく「あなたを抱きしめる日まで」です。ジュディ婆ちゃん、こんな普通っぽい人もできちゃうんだ。

「それでも夜は明ける」のファスペンダーの病的な感じ、よかったね。カンバーバッチったら優しそうなんだけどソロモンを床に寝かせてるって、全然わかってなーい!北部と南部の違いもあらためて驚かされた作品だったな。

「プリズナーズ」長いけど、もう一回観たらまた美味しいかも。ネタが分かった状態で観るのは余裕があるので違う味がするよね。終わり方、確かに好きだ〜。

デイン・デハーンいいよね〜!何かの雑誌にいろいろインタビューに答えたあと、インタビュアーに「若い頃のレオナルド・ディカプリオに似てるとよく言われませんか?」と聞かれて「そうだね、ほんの一日に50回くらいだよ」と答えていた。いいじゃん!
Commented by aya-aya at 2014-06-13 10:51 x
遂にIMAXが登場。ラッセル・クロウ押しの娘と「ノア」で豊橋IMAXデビューしてきます。

ヒュー・ジャックマン、トニー賞の授賞式で司会やってたんだけど、オープニングでぴょんぴょん跳ねてて、驚異的な体力を見せてたよ。ちょっと見ただけだけどタップダンスも踊って、歌も歌ってた。エンターテイナーだなあ。
Commented by okazu1234 at 2014-06-13 22:47
aya-ayaちゃん、待っててくれてありがとう、適当な覚え書きでごめん。
そして間違えた!「その」はいらんかったね。

ジュディさんは普通のお婆ちゃんだったね(普通でもないか⁉︎)
なんだかさ、とても良かったよ、うん。

それでも…のファスベンダーは、正気の沙汰とは思えない憎々しさだったよね、かっこいい役者さんなのにああいう役も引き受けるんだなぁと感心したよ。

プリズナーズは、うん、見直した方がいいね、よくわからないところもあって、後からおさらいしたかった。でも痛くて怖いところは飛ばしたい。
ヒューさまは舞台出身?ミュージカル?トニー賞もらっているんだよね。
SMA×SMAに出てた時もおちゃめだったよ。一昨年、その前かな?アカデミー賞の司会もとても良かったんだよね、ちゃんと見ていなくて残念。

ノア、観た観たー!
初IMAXだった、8月にトランスフォーマーもやるんだよ、ワクワクしちゃう♪

グランド・ブタペスト・ホテル観た?
面白かったよー!
Commented by aya-aya at 2014-06-14 15:29 x
おバカなワタシ〜、「IMAX」イコール3Dだと思っていました。
本日IMAX「ノア」へでかけ、もぎりのおねえちゃんに「メガネは劇場の入り口でもらえるの?」と聞いたところ、「3Dではないのでメガネは必要ないですよ。」という返答に「は?」と固まってしまったのでありました。
そっかー、そもそもノアが3D作品ではないのだった。
きっとあのお客の中に、私と同じ人が何人かいるに違いないと思っとります。
でも普通さ〜、「さあ、IMAXがオープンです!」っていったら、3D作品上映するもんじゃないの?ブツブツ…そりゃ、プレオープンで「ゼログラビティ」を上映してたのは知ってるけど…ブツブツ
でも、迫力あったし、音響も後ろから横から聞こえてきてなかなかだった。話はちょっと?だったけどね。
Commented by okazu1234 at 2014-06-14 21:39
aya-ayaちゃん、いえいえ、あなただけではなく、私も「あ、メガネ忘れた!」と思いましたです。
エスカレーター上がって行く間に、ハタと気付いたよ。
おまけに割引券を忘れたけど、普通の3D作品と同じくらいかと思ってたら2000円也チーン。トホホな気持ちでした。
トランスフォーマーは3Dで楽しみます。
Commented by aya-aya at 2014-06-15 13:37 x
うははー、よかった仲間がいた。でもって、私も割引券忘れちゃったよ〜ん。
Commented by okazu1234 at 2014-07-07 17:29
なか〜ま♪
あの割引き券はいつまでだっけ?
まだ有効かしらん?
<< 6月の映画覚え書 3月と4月の映画覚え書 >>