犬山市「桃太郎神社」「大聖寺」

寂光院で紅葉眺めたあと、車で5分ほどの桃太郎公園へ

桃太郎公園の前は木曽川が流れ、広い河原ではキャンプもできるようです。
訪れた日にもデイキャンプ?の方々がいらっしゃいました。
公園内外には食事処やお土産屋も数件あり、神社の裏手には「栗栖遊歩道」のセセラギ遊歩道入口になっていて、おにぎりなど持ってハイキングに行きたくなりました。

桃太郎神社の一の鳥居前に参拝者用の無料駐車場があります。
お土産屋さんの駐車場は有料です。

桃太郎神社
所在地 愛知県犬山市栗栖字古屋敷
主祭神 大神実命
(日本神話に登場する桃、古事記では意富加牟豆美命オオカムヅミノミコト、大いなる神の実と解釈)
木曽川の中流域には桃太郎伝説があり、桃太郎は栗栖で育ち、鬼ヶ島へ鬼退治へ行ったということです。
関連のある地名も多く残っていて検索していたら楽しくなってきました。

桃型の鳥居、おばあさんの洗濯岩、桃くぐり、悪運を食べる猿などなど。
宝物殿には鬼に金棒・鬼の珍法・鬼の骨。

宝物殿の横に社務所があり、御朱印をいただきました。
c0313998_18125709.jpg
境内の桃太郎御一行様他、コンクリート群像作家の浅野祥雲氏の作品が数多く配置されています。楽しいです。
c0313998_18130142.jpg
二の鳥居の前に桃から生まれた桃太郎像!
一の鳥居は一般的な神社の形で扁額も「桃太郎神社」ですが、二の鳥居は扁額はなく桃のレリーフが飾られています。

c0313998_18130580.jpg
拝殿前の鳥居は桃の形です。
神社背後は緑深い山でこの日は紅葉がとても綺麗でした。

c0313998_18130833.jpg

c0313998_18131293.jpg
一の鳥居の横の銀杏並木、もみじや銀杏色とりどり。



成田山名古屋別院大聖寺
桃太郎神社から車で10分ほど。

所在地 愛知県犬山市犬山北白山平5番地
宗派 真言宗智山派
ご本尊 不動明王
創建年 1953年

千葉県成田市にある成田山新勝寺の別院
新勝寺への参拝が遠距離になることから、戦前1936年奉献会が作られたが、創建は戦後1953年となった。
開山に際して名古屋鉄道及びそのグループ会社が中心となり、他にも松坂屋をはじめとする中部の財界のバックアップを得た。
交通安全のお寺として知られている。

本堂でお参りの後御朱印をいただき、階段下右手の弘法堂でも御朱印をいただきました。
c0313998_18240673.jpg
明王門、本堂、弘法堂、聖蘭堂と境内は広いのですが、年末年始には階段の下から本堂まで参拝者で賑わいます。
本堂からの眺望は犬山城をはじめ犬山市が一望できます。


白山平には多くの寺社があり、名鉄犬山遊園駅付近には「瑞泉寺」とその塔頭が多数あり、この日は大聖寺裏手の駐車場に車を置き、歩いて犬山遊園駅までの間に5つのお寺さんを参拝し御朱印をいただきました。



# by okazu1234 | 2017-12-12 20:00 | 旅は道連れ | Comments(0)

犬山市「三光稲荷神社」「猿田彦神社」「針綱神社」

三光稲荷神社、猿田彦神社、針綱神社の三社は犬山城南登城入り口近くにあります。
犬山城駐車場に車を置いて参拝しました(日曜日のため満車で待ち時間15分程 駐車料金500円)

三光神社
所在地 愛知県犬山市北古券65-18
主祭神 宇迦御魂大神 猿田彦大神 大宮女大神

創建時期は不明、かつては三狐山に鎮座し犬山城主織田信康の保護を受け、江戸時代以降、犬山城主成瀬氏の守護神とされる。
神仏習合で三光寺とも称していたが、明治時代初期の神仏分離により三光稲荷神社となる。
1964年現在地に移転。
c0313998_18571196.jpeg
駐車場から城下町のお土産屋さんなどを覗きながら歩いてくると、犬山城への南側登り口正面なのですぐわかります。
拝殿にて参拝後、左側にある社務所で御朱印をいただきました。
亀姫神社、銭洗稲荷神社も三光稲荷社の境内社です。
c0313998_18574282.jpeg
犬山猿田彦神社
三光神社の境内社であるが独立した存在であり、社務所も三光稲荷神社と猿田彦神社を併記している。
三光稲荷と猿田彦神社の名前が並んで書いてある犬山城デザインのオリジナル御朱印帳もありました。


c0313998_18582673.jpeg
針綱神社
主祭神 尾治針名根連命など
創立年 不明、927年の延喜式神明帳には「正一位針綱明神」とされ、1186年の尾張国内神名帳には「針綱明神」と記されている。
元々の鎮座地は犬山城天守閣付近であったが、1537年織田信康により白山平に移転。

1606年、犬山城主小笠原吉次により城下町の名栗町に移転。
1635年、針綱神社の祭礼に対し城下町の下本町魚屋町からの練り物が出される。
1641年、下本町より馬の塔を車山に変えて人形からくりを奉納し、これが犬山祭の原型となる。
1649年、城主成瀬正虎により車山や練り物を奨励され、さらに盛んになった。
江戸時代には「白山妙理権現」「白山針綱大神宮」と呼ばれ、歴代犬山城主の祈願所、庶民の信仰を集めた。
1882年、現在地に移転し県社となる。

c0313998_18594729.jpeg
拝殿
拝殿の左側にある社務所にて御朱印をいただきました。
犬山祭の山車デザインのオリジナル御朱印帳もありました。

犬山祭は4月の第1週の土日に行われる針綱神社の春季祭礼
1964年、犬山祭の山車13輌は愛知県の有形民俗文化財指定。
2006年、「犬山祭の山車行事」として重要無形文化財指定。
2016年、「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産に登録。
市内にある「どんでん館」には4輌の山車が常設展示されており、祭礼以外でも間近で山車を見ることができる。

犬山城、明治村、モンキーパーク、リトルワールド、ライン下り、鵜飼いと観光名所が多くあり、この日も訪れる寺院で「犬山の巨木巡り」の方と何度もお会いしました。
町中が賑やかな印象です、活気があっていいですね、楽しい旅でした。


# by okazu1234 | 2017-12-11 20:19 | 旅は道連れ | Comments(0)

犬山城へ行ってきました

犬山城(国宝)へ行ってきました。

所在地 愛知県犬山市犬山北古券65-2
営業時間 9:00-17:00
入場料金 550円
城下町周遊券のセットもあり時間があればあちこちまわると楽しそう。

c0313998_20322134.jpg
1537年 築城、織田信長の叔父、織田信康によって木之下城より城郭を移して築いたといわれている。
木曽川沿いの小高い山の上に建てられた後堅固の城で、中山道と木曽街道に通じ木曽川による交易、政治、経済の要衝として攻防の要であった。
1547年 信長の家臣で乳兄弟、池田恒興入場
1582年 豊臣秀吉入城、徳川家康は小牧山城に陣を構える
1600年 関ヶ原の合戦後、家康側の小笠原吉次入城
1617年 尾張徳川の重臣 成瀬政成が拝領、この時改良が加えられ現在の天守の姿となる。
以後幕末まで成瀬家が城主を務める
1871年 廃藩置県で愛知県の所有となり、天守以外のほとんどの建物が取り壊される
1891年 濃尾地震で天守半壊、4年後修理を条件とし県から旧藩主の成瀬家に譲与され、成瀬家と犬山市民が義援金を募り無事修復
1952年 国宝に指定される
1965年解体修理完了、全国唯一の個人所有の城として保存
2004年 財団法人犬山城白帝文庫の所有となり現在にいたる

7月の落雷で壊れた北側のしゃちほこは11月まで城内に展示されていたとのことですが、11月より奈良県の瓦業者の元で復元作業中のため、壊れたしゃちほこが入っていたガラスケースは空で上記のお知らせが書いてありお留守。

城下町ではイベント開催中でとても賑わっていたため、徒歩5分でお城まで行くことができる一番近い駐車場は満車で待ち時間15分程。
甘味どころや食事ができるところも多くありウォークラリー?城下町ウォーキングなどなど、犬山市は元気ですね。

c0313998_20322990.jpg
4階望楼には廻縁があり、外廊下に出て市内を一望することができます
c0313998_20323615.jpg
c0313998_20324007.jpg
木曽川

c0313998_20324448.jpg
望楼にてみなさん熱心に撮影中


# by okazu1234 | 2017-12-04 21:29 | 旅は道連れ | Comments(0)

11月の映画覚書

「ゲット・アウト」
監督 ジョーダン・ピール
出演 ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ、ブラッドリー・ウィットフォード

白人の彼女の実家に招待される黒人の彼。
大いに歓迎されるが、なにかおかしい、この違和感はなに?
彼女の亡くなった祖父のパーティに参加するが、そこでも歓迎されつつも好奇の視線も感じ、極め付けは、ある事をきっかけに参列者のひとりの黒人の振る舞いが激変。
様々な事が重なり、この家から出ようとするが…

人種差別問題かと思いきや、そうでもあるし、そうでもない。
いや、遺伝子的に優秀なのは黒人で憧れの対象でもあるのでしょうか。
日本に生まれて育っているので、この問題の奥深いところはわかりかねるけれど、街で見かけた漆黒のアフリカ系の方が見惚れるほど美しかった事を思い出しました。


c0313998_17333156.jpg

「スイス・アーミーマン」
監督 ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン
出演 ダニエル・ラドクリフ、ポール・ダノ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド

ダニエル君、死体の役です、身体を張ってがんばりました。
笑えるけれど、笑えない、でも笑える。
良いお話でした、楽しく鑑賞。
角が生えていたり、死体だったり、大人になったハリーはお仕事を楽しんでいるのでしょうね。



「マイティ・ソー バトルロイヤル」
監督 タイカ・ワイティティ
出演 クリス・ヘムズワース、トム・ヒドルストン、マーク・ラフェロ、アンソニー・ホプキンス、ケイト・ブランシェット

ハンマー王子は大事なハンマーを壊されてしまいました。
無敵なムジョルニアを壊せるような強大な力を持ったケイト様は何者?
そして、行方がわからなくなっていたハルクと再開し熱烈歓迎の気持ちを表しますが、吹っ飛ばされてしまいます。
相変わらず問題児の弟ロキも目的を同じくする時には共に闘ってくれます。
全編コミカルでクスリと笑える場面が多くあり、シリアスなシーンは少ないです。
元外天才外科医の魔術師も登場し、この先の物語が楽しみですね。
あ、ケイト様は、あの予告編でも見られる大きな鹿の角が生えているような姿でさえも美しく、そして怖ろしい役柄でした。



「ノクターナル・アニマルズ」
監督 トム・フォード
出演 エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン、アイラ・フィッシャー、アーミー・ハマー、ローラ・リニー

世界的デザイナーのトム・フォード、コリン・ファースが演じたシングルマン以来の監督作品です。
・現在の時を映している場面での、エイミー・アダムスの衣装、背景インテリア、オフィスデザインなどはこれでもかというほどスタイリッシュ。
冒頭のシーンは衝撃的。
・劇中小説の世界ではテキサスを舞台にした70?80年代の雰囲気。
アーロン・テイラー・ジョンソンが嫌な奴を上手く演じていました。
マイケル・シャノンが味のある良い役柄です。
・過去、20年前に別れた夫とのシーン。
元夫に対しての罪悪感から送られた小説は元妻にたいする復讐なのかな、と思っていましたが、ワンシーンだけ出てきた娘は本当にいるの?小説の中の保安官が不治の病とは?全部元妻の幻想じゃないの?口紅を拭うシーンはいいな。
なーんて様々な解釈ができる映画で見終わった後、他の方の感想を聞きたくなる作品。


c0313998_17331038.jpg

「IT “それ”が見えたら終わり。」
監督 アンディ・ムスキエティ
出演 ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、フィン・ウルフハード、ソフィア・リリス

ピエロはなんとなく怖いので、観ようかやめようか迷っていましたが、評価が高いので我慢できなくなって観てきました。
ある年になると行方不明者が多く出る地方での出来事。
ホラーですが、こどもたちの冒険やがんばりがスタンドバイミーです。
次作があり、27年後大人になったこどもたちのストーリーとの事で楽しみです。
怖いの苦手な方も大丈夫では?と思いましたが、怖がりな娘2にネタバレしつつストーリーを話したところ「怖い!絶対観ない」と言っていたのでピエロか苦手な方はきびしいかも。



# by okazu1234 | 2017-12-01 17:10 | 映画 | Comments(0)

犬山市「寂光院」

家族で犬山市へ行ってきました。

真言宗智山派継鹿尾山八葉蓮代寺「寂光院」
ご本尊 十一面千手千眼観世音菩薩
所在地 愛知県犬山市継鹿尾杉ノ段

中央自動車道小牧東ICから13k、15分ほどで到着。
もみじ寺として有名なところです。
10時頃の到着ですでに一番近い駐車場は満車とのことで、係りの方が1kほど手前の臨時駐車場に誘導してくださいました。
そこから歩いて向かいましたが、近くなるにつれ寺院の駐車場に向かう車が長い列を作っていました。
道路が狭く途中で列を抜ける事ができないので、臨時駐車場へとめて森を眺めながら歩いて行ってよかったです。

11月11日〜12月10日まで紅葉まつり開催中。
日によって様々な催しもあるようで公式サイトで確認するといいですね。
昨日は、「やすらぎ寄席」桂文治さんの独演会が催されていました。

愛知県の東海自然歩道があり、木曽川沿いに国宝犬山城まで6kほど、1時間半くらいでしょうか、歩いて行くことができます。

総門から石段を登って行くと千体観音堂があり、その左手に庫裡(寺務所)
そこで御朱印をいただくことができます。

御朱印は三種
御本尊の十一面千手観世音菩薩様のいらっしゃる本堂
「千手大悲殿」
「厄除不動」
「良縁弁財天」
それぞれの御朱印のいわれも公式サイトにあり、わかりやすく記されています。

下の方に写真がありますが、本堂までの石段は歩きやすい靴でないと厳しいですね。
スロープカーもあり、石段を登らないで本堂まで行くこともできます。

c0313998_18093475.jpg
本堂の裏手、様々な色合いのもみじが見頃でした。
c0313998_19254700.jpg

c0313998_19255023.jpg

c0313998_19255763.jpg

c0313998_18094026.jpg
石段の途中で撮りました。

c0313998_18094727.jpg
総門横
c0313998_18095261.jpg
本堂
c0313998_18095799.jpg
展望台があります、絶景。
小牧城、犬山城、岐阜城、木曽川を眺めることができます。
c0313998_18165212.jpg
展望台、十二支恵当守り本尊
虎は虚空蔵菩薩様

c0313998_18165699.jpg
本堂前の柱に銅の魚がありました。
防火の意味合いでしょうか。

c0313998_18170041.jpg
東海自然道の案内もありました。
c0313998_18155224.jpg
石段、整備されているので登りやすいです。
紅葉の頃でとても賑やかでしたが、山の中はとても気持ちの良い雰囲気で青葉の頃にまた来たいと思いました。




# by okazu1234 | 2017-11-27 19:27 | 旅は道連れ | Comments(0)

10月の映画覚書

11月も中旬ですが、10月の映画覚書。


「オン・ザ・ミルキーロード」
監督 脚本 エミール・クストリッツァ
出演 モニカ・ベルッチ、エミール・クストリッツァ

「アンダーグラウンド」のクストリッツア監督が製作 脚本 主演 監督。
ヒロインはイタリアの宝石モニカ・ベルッチ。
戦時中の村、銃弾が飛び交う中兵士に牛乳を配達する男クストリッツア監督が、美しい女性モニカベルッチに出会い、恋に落ち逃避行。
コミカルな場面もありますが、残酷な場面もあり、美しい情景、でも常に戦時中。
銃弾が飛び交っているのに村人の日常は続いていてハイテンションな酒場や結婚式のシーンはアンダーグラウンドを思い出しました。
戦争、音楽、日常、愛、人間と動物の命


「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」
監督 マット・リーヴス
出演 アンディ・サーキス、ジュディ・グリア、ウディ・ハレルソン

シリーズ第3弾。
アンディ・サーキスのシーザーは今回も凛々しい。
シーザーの良きリーダーぶりに磨きがかかり、人間チームの非道な振る舞いに哀しくなる。
不意打ちにあい家族を亡くし、復讐は無意味だとわかってはいても、その気持ちを抑えきれず復讐の旅に出るシーザーはますます人間くさく哀愁漂うかっこよさ。
オリジナルの猿の惑星の名前を引き継いでいる事がわかった場面で胸が熱くなりました。


c0313998_20300250.jpg

「ブレードランナー2049
監督 ドウニ・ヴィルヌーヴ
製作総指揮 リドリー・スコット
出演 ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レトー、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ

原作の電気羊のファン。
前作も大好きでさらにライアン・ゴズリング、ハリソン様のファンなので、2割増し評価です。
ヴィルヌーヴ監督の映像と間の取り方、静かな進行、説明のなさにもしかしたら眠くなる方がいるかもと思いつつ、なにをもってレプリカントと人間を区別(差別)するのか、このまま時代が進んでいくと、いつか個はなくなり身体も必要なくなり…集団知となり…なんて考えながら鑑賞。
雨に打たれるロイ  降り積もる雪の中のk


「アトミック・ブロンド」
監督 デヴィッド・リーチ
出演 シャーリーズ・セロン、ジェームズ・マカヴォイ、ソフィア・プテラ、ジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズ

MI6の捜査官ローレン・ブロートンって、その名前だけでもかっこいいじゃないですか。
冷戦末期のCIA KGB MI6入り交じっての二重、三重スパイのストーリーなので序盤は登場人物の所属の確認作業に気を取られてしまいました。
シャーリーズ・セロン様のアクションは華麗というよりボクシングの試合のように、戦闘が長引くほどに打って打たれて蹴って蹴られて双方ボロボロになって試合終了という様子で、製作陣にも名を連ねる彼女の力の入れように素直に感心感動しました。
音楽も馴染みのあるものが多くて嬉しくなった年頃です。


# by okazu1234 | 2017-11-20 19:41 | 映画 | Comments(0)

京都 その3-2「知積院」「新吉神社」「三十三間堂」

13:15(今熊野観音寺より2k.10分で到着)
智積院
所在地 京都市東山区東大路通七条下ル東瓦町964
山号 五百佛山
宗派 真言宗智山派
創建 1598年
正式名 五百佛山 根来寺 智積院
別称 総本山智積院

c0313998_15224490.jpg

境内の皐が有名です。
よく手入れされている境内
c0313998_15220107.jpg

一番上の写真は、金堂 1975年再建 (本尊 金剛界大日如来、地下に胎蔵界大日如来)
金堂 明王殿 大師堂を拝観し、講堂 大書院 名勝庭園は時間の都合で行けませんでしたが、大書院障壁画25面、長谷川等伯・久蔵父子作の桜楓図(複製ですが)など素晴らしい障壁画があり、長谷川一門の国宝がみられる収蔵庫、名勝庭園(築山泉水庭)ともに皐月の花が咲く頃、必ず再訪しようと思っています。
御朱印は入口入ってすぐの御朱印所でいただきましたが、入って右側の茶房などがある会館にて智積院オリジナル御朱印帳(長谷川等伯 障壁画 楓図がデザインされています、現在作製中)予約してきました。


14:20
新日吉神宮
所在地 京都市東山区妙法院前側町451-1
主祭神 日吉山七神 後白河天皇
創建 1160年


c0313998_15235322.jpg
楼門

社伝によれば、後白河天皇の命により院の御所の鎮守社として現在より南に創建されたと伝えられる。
その後、社地を転々とし現在の社地となったのは豊国廟が再興された1897年。
1959年に神社名を現在の新日吉神宮と改めた。

境内社 末社
豊国神社 天満宮 秋葉神社 愛宕神社

社務所にて御朱印をいただいている時、「江戸時代には豊臣秀吉をお祀りするという事ができにくく、徳川の世が終わり明治になってから豊国神社として名のることができた。それまでは別の名前(樹下社、このもとのやしろと読みます)密やかにお祀りしていた」と神職の方が豊国神社についてお話してくださいました。
社伝 沿革 歴史はとても興味深いですね。
c0313998_15235599.jpg
拝殿
拝殿からそのまま進み、階段を上がった所の本殿の前に一対の狛猿:ご神猿
阿吽像があります。
ご神使と云われ厄除け 開運招福などに神徳が高いとのことです。
京都御所にもご神猿像があり、東北角は「猿が辻」と称され日吉の神猿像が飾られています。


15:00
三十三間堂
所在地 京都市東山区三十三間堂廻町657
宗派 天台宗
御本尊 千手観音
創建 1165年
開基 後白河天皇
正式名 妙法院の一部、建物の正式名称は蓮華王院本堂

c0313998_15235736.jpg
本堂の南側
この地にもともとあった後白河上皇の離宮、法住寺殿の広大な境内の一画に建てられたのが蓮華法院本堂(三十三間堂)
後白河上皇の頭痛、熊野参詣の伝承が不思議で面白いです(すみません)

現在のお堂は1266年完成
1930年の修理時に装飾鏡の座をはずした下から極彩色文様が現れ、建立当初の堂は彩色でおおわれていたことが判明した。
(私の中の三十三間堂イメージは現在の姿なので極彩色のお堂!想像中…)

堂内中央に鎌倉時代の仏師湛慶作の本尊千手観音坐像安置、
本尊の左右には長大な階段状の仏壇があり、左右の仏壇に各500体の千手観音立像が10段50列に並ぶ。
本尊の背後にもう一体あり、計1001対となる。
内陣の左右両端には向かって左(南端)に風神像、右(北端)に雷神像、
俵屋宗達の風神雷神図屏風のモデルになったといわれている。
千体仏の手前には二十八部衆像のうち四天王四体は本尊周囲に配置。
本堂内、御本尊千手観音立像横付近に僧侶おられ御朱印を書いてくださいました。


三十三間堂から京都駅までは1-2kほどで自転車でピューっと戻り、
16:30には駅構内でしばしゆっくり休憩し帰宅しました。
これにて今年の京都旅は終了です。
来年、暖かくなったらまた再訪することを楽しみに、この秋の紅葉は地元で楽しみます。
神社仏閣記事はちょっとお休みして、映画覚書をぼちぼち書かないと忘れてしまうー。



# by okazu1234 | 2017-10-22 23:24 | 旅は道連れ | Comments(0)

京都 その3-1「伏見稲荷」「東福寺」「泉涌寺」

京都 その3-1
今回の予定は、伏見稲荷 東福寺 泉涌寺 知積院 三十三間堂
泉涌寺塔頭 来迎院 今熊野観音

今年最後の京都旅はあいにくの雨模様
レンタサイクルは予約してあっても当日雨ならキャンセル料がかからずにやめることができます。
「当日の予約時間前の営業時間内に電話連絡を」とのことでした。
少し迷いつつも、雲の切れ間もあり、しっとり雨の京都もいいじゃないの。
ということで決行。

8:45 京都駅近くのレンタルサイクルショップ出発
9:00
伏見稲荷大社
所在地 京都市伏見区深草藪ノ内町68
主祭神 稲荷大社
御神体 稲荷山
創建 708-715年
全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社

江戸時代には商人に人気となり、結願の礼として本社に赤い鳥居を奉納する習慣が広まり千本鳥居を形成するに至る。

表参道の一番鳥居から楼門、外拝殿、内拝殿、本殿が一直線並ぶ
本殿の後ろ側に千本鳥居から続く稲荷山の神積群があり、御神体である稲荷山から連なる3つの峰の参道を歩くと七神積地に参拝ができますが、2時間程かかるとのこと。
この日は雨模様だったので、山中の参拝は次回として、千本鳥居を通り「おもかるいし」まで行きました。

c0313998_15190220.jpg
一の鳥居
鳥居をくぐり石畳の参道を少し進むと駐輪場があり無料でとめることができました。

c0313998_14344906.jpg
千本鳥居
朱の鳥居が一万本あるそうです。
あちらこちらでみなさん熱心に撮影。
c0313998_15252745.jpg
1時間ほど境内で過ごし移動する頃にはこの人出でした、人気の観光地ですね。


10:10
東福寺
所在地 京都市東山区本町十五丁目778
山号 慧日山
宗派 臨済宗東福寺派
御本尊 釈迦如来
創建 1236年
正式名 慧日山 東福禅寺
京都五山四位
c0313998_14345142.jpg
仏殿から常楽庵に至る渓谷・洗玉澗に架けられた橋廊(1380年)通天橋を眺める事ができる臥雲橋より写真を撮りました。
「そうだ京都へ行こう!」のポスターが撮影された場所です。
紅葉すると見事でしょうね、この日見た雨に洗われた緑色の紅葉もとても綺麗でした。

三門、本堂、方丈、庫裏などからなる主要伽藍の北側に洗玉澗があり、西から東へ、臥雲橋 通天橋 偃月橋とい3本の橋があり、この辺りは紅葉の名所。
c0313998_12245358.jpg
廃仏毀釈で規模が縮小されたとはいえ、塔頭も今なお25か寺と多くどこからどこまでが東福寺の境内なのかわからないほど広大です。

c0313998_14345327.jpg
方丈の枯山水庭園、八相の庭、南庭
東西南北に庭園があり、それぞれ趣の違う庭で見応えがありました。
庭園のある伽藍は有料ですが、通天橋を渡るのはまた別料金。
方丈拝観入口の受付にて御朱印をいただきました。


11:30
泉涌寺
所在地 京都市東山区泉涌寺山内町27
山号 東山、泉山
宗派 真言宗泉涌寺派
御本尊 釈迦如来 阿弥陀如来 弥勒如来
創建 856年(伝)
東山三十六峰の南端にあたる月輪山の山麓広がる寺域内には、鎌倉時代から江戸時代幕末に至る歴代天皇の陵墓があり、皇室の菩提寺として「御寺 泉涌寺」と呼ばれている。
総門から入ると参道の左右にいくつかの塔頭があり、大門をくぐると楊貴妃観音堂 仏殿 舎利殿 霊明殿 御座所 月輪陵(歴代天皇 皇室の陵墓群、宮内庁管理)

この日は「本日拝観はできません」とあり残念でしたが、改修?をされているようで仕方ありません。
御朱印はいただくことができました。

12:10
塔頭も多いのですが、境内が広大で鬱蒼とした山の中にあり道路に沿って自転車で走っていたら「来迎院」にたどり着きました。

泉涌寺塔頭 来迎院
所在地 京都市東山区泉涌寺山内町
山号 明応山
宗派 真言宗泉涌寺派
御本尊 阿弥陀如来
開創 806年(伝)空海
c0313998_14355487.jpg
森の中にあり、参拝の方もどなたもいない…ちょっと不安になりつつお詣り。
「猪に庭が荒らされています、申し訳ありません」の看板があり、足跡らしきものもあり維持管理のご苦労を思う。
c0313998_14355611.jpg
赤穂浪士の大石良雄は赤穂を退去した後、外戚にあたる当時の泉涌寺長老兼来迎院住職であった卓巖和尚頼り、来迎院の檀家となって寺請証文を受け山科に居を構え多くの時間を来迎院で過ごしたと伝えられる。
討ち入りが行われた12月14日には「大石忌」として茶会が営まれ、現在も「含翠会」の名で継続されている。
荒神は、胞衣荒神(ゆなこうじん)とも称され安産の後利益があるとされ、皇后宮安産の勅願所として信仰を集め 現在も安産を祈願する参拝客が訪れているとのことです。

一般拝観は行われておらず、重要文化財指定のある木造荒神坐像 木造護法神立像5躯などの拝観もできません。
書院とおもわれる所で御朱印をいただきました。
静かで趣のある境内はなんと言いますか、しっとりと良い雰囲気でした。


12:30
泉涌寺塔頭「観音寺」

所在地 京都市東山区泉涌寺山内町32
山号 新那智山
宗派 真言宗泉涌寺派
御本尊 十一面観音
創建 806-810年(伝)
開基 弘法大使(伝)
別称 今熊野観音寺
c0313998_14355975.jpg
森の中です、迷子になりそうでしたが、朱塗りの橋が周りの緑によく映えてたどり着くことができました。

c0313998_14360131.jpg
本堂と医聖堂
西国三十三ヶ所観音霊場の第五番札所
ぼけ封じ 近畿十楽観音霊場の第一番札所
京都泉山七福神のえびす神奉祀
洛陽三十三所観音霊場の第十九番札所
神仏霊場会の122番(京都42番)霊場

由緒沿革を読むと、弘法大使空海上人、嵯峨天皇、鳥戸野、清少納言、後白河上皇、北朝の朝廷、足利将軍家、など興味深いです。

境内は広く、お詣りの方も多くいらっしゃいました。
本堂横で御朱印をいただきました。
13:00

この後「智積院」「三十三間堂」へ向かいました。



# by okazu1234 | 2017-10-21 17:57 | 旅は道連れ | Comments(0)

京都 その2-3「建仁寺」「六道珍皇寺」「六波羅蜜寺」「恵比寿神社」

レンタサイクルで京都の町をぐるぐる!その2-3です。

12:50
祇園町の草間彌生さんの南瓜オブジェから5分ほどで建仁寺着

所在地 京都市東山区大和大路四条下る四丁目小松町584
山号 東山
宗派 臨済宗建仁寺派
御本尊 釈迦如来
創建 1202年
開基 源頼家 栄西(開山)
正式名 東山 建仁禅寺
京都五山の第三位
俵屋宗達の風神雷神図 海北友松の襖絵 古籍 漢籍などの文化財多数所有

c0313998_14251128.jpg
法堂 仏殿 2002年、創建800年を記念して天井に描かれた双竜図
小泉淳作の作品
鎌倉建長寺の雲龍図もこの方の作品
c0313998_14251346.jpg
方丈 室町時代の建物、各室には桃山時代の画壇を代表する画家の海北友松の水墨壁画などがあったが、現在は襖から掛軸に改装され、京都国立博物館に寄託されている。

拝観料受付から入ってすぐの部屋に風神雷神図のレプリカがあり、眺めているうちにあの風邪薬を思い出しました。
受付で御朱印をいただき、双竜図、風神雷神の描かれた御朱印帳を見てどちらにしようかやめようか迷いに迷ってやめるという意気地なし。
帰宅してから風神雷神を求めればよかったと反省しきりです。
c0313998_14251586.jpg
方丈前庭、枯山水庭園
c0313998_14251723.jpg
法堂の天井に描かれている双竜図




c0313998_14251990.jpg
1765年建立 仏殿と法堂を兼ねている


13:45 建仁寺塔頭 六道珍皇寺
所在地 京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町595
山号 大椿山
宗派 臨済宗建仁寺派
御本尊 薬師如来
創建 834〜848年伝
開基 山城淡海(伝)中興年 室町時代
c0313998_14264481.jpg
この寺の所在地付近は、平安京の火葬地であった鳥部野の入り口にあたり、現世と他界の堺にあたると考えられ「六道の辻」呼ばれた。
六道の辻、珍皇寺ゆかりの小野篁が冥府と往復を果たしたという伝説あり。

御住職が堂内に招き入れてくださって御朱印をいただき、展示されていた京都府指定歴史資料「珍皇寺参詣曼荼羅」見せてくださいました。感激。
c0313998_14264629.jpg
六道の辻の石碑


14:00
六波羅蜜寺
所在地 京都市東山区松原通大和大路東入二丁目
山号 補陀洛山
宗派 真言宗智山派
御本尊 十一面観音(国宝)
創建 951年 開基 空也

踊り念仏で知られる 空也が平安時代中期に造立した十一面観音を車に乗せて引きながら歩き、念仏を唱え病人に茶をふるまって多くの人を救ったといわれている。
963年、当時、葬送の場であった鴨川岸に、僧600名を集めて大規模な般若経供養会を行った。

c0313998_14264878.jpg
本堂

c0313998_14265067.jpg
朱塗りのお堂は大きくはありませんが、10名ほどの方が堂内で経を唱えておられました。
入ってすぐ左手にある寺務所にて御朱印をいただきました。



14:30
恵比寿神社
所在地 京都市東山区大和大路通四条下ル小松町125
主祭神 八代言代主神 大国主神 少彦名神
創建 1202年
栄西が建仁寺を建立するにあたり、その鎮守として創建したと伝えられている
明治の神仏分離の際、建仁寺とわけられ道路を隔てた住宅街にあり、私が訪れた日は地元の方と思われる方がお二人、本殿側面の戸をそっとコンコンと叩いてから御参りされていました。

c0313998_14265227.jpg
二の鳥居にえびす様のお顔があり、お賽銭を受ける熊手?の形のお賽銭箱に下から投げて入ると願いが叶うと伝えられています。
大祭の時はとても賑わうようで、地元の方に愛されている鎮守様とのことでした。
左手にある社務所にて御朱印をいただきました。


15:30 京都駅
一日中お天気も良く、自転車での移動もとても快適でした。
この日のコースは3段切り替えのレンタサイクルで充分走れるコースで楽しい一日を過ごすことができました。

次回は「伏見稲荷」「東福寺」です、また後日。

# by okazu1234 | 2017-10-19 21:46 | 旅は道連れ | Comments(0)

京都 その2-2「知恩院」「八坂神社」「安井金比羅宮」

そうだ京都へ行こう!その2-2です。
良いお天気で自転車日和、トレーニングの時の自転車は苦手でツライのですが、
ロードではなくシティサイクルの(ママチャリ)太いタイヤで古都を巡る事が楽しくて楽しくて。
自転車でどこまでも行っていた高校の頃を思い出しました。


11:15 知恩院着

所在地 京都市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町400
山号 華頂山 正式名華頂山 知恩教院 大谷寺
宗派 浄土宗
御本尊 法然上人像(本堂)阿弥陀如来(阿弥陀堂)
創建 1175年
開基 法然
c0313998_14112581.jpg
三門
まったく勉強不足ではじめて訪れましたのでこの時点で大きくてびっくり。
警備の方に停めて良い場所を快く教えてくださいました。
警備室?の横の小さなスペースに自転車を置き、石段を登るとその上には三門。
そりゃもう、高さ24メートルの現存する日本の寺院の三門の中で最大の二階二重門です大きいです。

御影堂は工事中の幕が張られていて中はまったくわかりませんが、その大きさには驚きです(工事中の幕の圧迫感もあるかもしれません)
間口44.8m奥行34.5m
3代将軍徳川家光によって建立されたとのこと、この時代の徳川家は力がありますね。
三門とともに国宝指定されています。
2007年から屋根の修理、2011年から改修のため法然上人像は上人御堂に安置されているそうです。平成31年まで改修工事は続くとのこと、20年間工事中とはすごい。
法要が行われていたようで、お線香の香と読経、フォーマルウエアの方々も多数いらっしゃいました。

c0313998_14112766.jpg
新門?
知恩院のお堂なのか塔頭なのかどこからどこまでが境内なのかわからず走っていたらここに出ました。勉強不足ですみません。
写っているのはこの日快適走行してくれたレンタサイクル。
御朱印は三門から先の石段を上がったところにある案内所でいただきました。


12:05 八坂神社着
所在地 京都市東山区祇園町北側625番地
主祭神 素戔嗚尊 櫛稲田姫命 八柱御子神
創建 656年
全国にある八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする関連神社の総本社
通称祇園さん。

四条河原町は自転車は走行できません、八坂神社近くの有料駐輪場、1日100円にとめました。
八坂神社付近から四条河原町を眺めると人の波が見えました、一番賑やかな場所ですね。
今回は人混みにはなるべく行かない予定なので、お土産屋さんも覗かず参拝だけです。
c0313998_14112848.jpg
境内内の摂社の横に食べ物屋の屋台?が並んでいたり、とても賑やか。
c0313998_14113010.jpg
本殿と拝殿をひとつの入母屋屋根で覆った独自の建築様式「祇園造」と言われる。
裏側は円山公園となり、桜の時期に桜が満開?見事でしょうね。
社務所にて御朱印をいただきました。



12:30 安井金比羅宮
所在地 京都市東山区東大路松原上る下弁天町70
主祭神 崇徳天皇 大物主神 源頼政
創建 1695年
別名 光明院観勝寺
c0313998_14113284.jpg
鳥居に掲げてあるように縁切り縁結びの祈願所で有名。
縁切り縁結びの碑に願い事を書いたお札がびっしりと貼られていました。
c0313998_14123146.jpg
お札の行列には並ばず(20名ほど並んでいました)
拝殿にてお参りのあと、社務所で御朱印をいただきました。



12:45
建仁寺に向かう途中、祇園の町並みを眺めつつ散策していると、
草間彌生さんのかぼちゃ発見。
祇園甲部歌舞練場内にて「フォーエバー現代美術館コレクション」が開催されていました。
c0313998_14123372.jpg
大正2年に建てられた有形文化財の八坂倶楽部を現代美術館として運営されているとのことで、草間彌生さんの作品の多くを収蔵、常設展示!
知らずに取り掛かり外の南瓜に引き寄せられました。



京都 その2-3 「建仁寺」「六道珍皇寺」「六波羅蜜寺」「恵比寿神社」へ続きます。


# by okazu1234 | 2017-10-18 18:00 | 旅は道連れ | Comments(0)